【インタビュー】HIRO [La'cryma Christi]、2ndソロアルバムを語る<第3回>「1人での作詞は今回が初」

twitterツイート

La'cryma ChristiのギタリストHIROが8月15日、2ndソロアルバム『Midnight Sun』をリリースした。ギターインストアルバム『Gale』(2017年4月発表)にてソロアーティストの道を歩み始めたHIROが、新作『Midnight Sun』で表現したのは、前作から一転。全10曲が自身のヴォーカル曲として完成した。アルバムを貫くテーマは“Show, don't sing!”──歌うのではなく情景を見せなさい。同作についてHIROが語ったインタビューを全4回の連載でお届けしたい。

◆『Midnight Sun』トレーラー 動画

前回インタビューでは、「22才の別れ」「なごり雪」などの作詞で知られる伊勢正三とのコラボレーションの内容が明かされたが、第3回目は自身初めての作詞について。「白夜」「under the midnight sun」の作詞方法に加え、アレンジの秘術トークにもおよんだインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■自分が作詞した2曲には
■共通しているものがある

──『Midnight Sun』には、ご自身で作詞された「白夜」と「under the midnight sun」も収録されていますね。

HIRO:作詞は、手こずりました(笑)。

──La'cryma Christi時代は、共作の歌詞はありました。

HIRO:TAKA(Vo)との共作としてクレジットされている曲があります。あの頃は、メロディと一緒にたまたま出てきた言葉をそのままデモ音源に入れおいたら、TAKAがそのまま生かしてくれたり、ラフに書いた歌詞をTAKAに渡し、彼の琴線に触れた箇所はそのまま使ってもらったりという形での共作でした。だから、何もないところから完成まで一人ですべて書いたのは、今回が初めて。

──処女作は?

HIRO:アルバムの方向性を決める前から、詞も曲も、自分のなかではできあがっていた「白夜」です。アルバムのなかで重要な1曲になると思っていたので、大切に育てていました。結果、あまりにも大切にしすぎて、過保護になり、自分の思い描いた世界から抜け出せなくなってしまいました。抽象的な言葉を並べすぎて、自分では理解できているけど、聴いてくれた人たちが理解できないかもしれない状態になっていたというか……。完成した「白夜」も、このアルバムのなかでは幻想的であったり、抽象的なほうですが、完成する前は、今思うと、やはり自分のなかだけで完結してしまっていたのかもしれないと思います。濃いといえば濃いけど、狭いといえば狭かったですね。

──ちなみに「白夜」は変拍子ですか?

HIRO:いえ。ずっと3拍子。でも、基本的には、僕のアレンジは拍数を見失うようにする傾向があります(笑)。アレンジに関しては、自分のなかにずっと変わらない価値観のようなものがあって。1小節ごとに区切らないで、もっと大きな単位で捉えること。たとえば4小節でひとつのグルーヴを構築するとか。La'cryma Christiの2ndアルバムくらいから、そこは変わっていません。でも、難しいことなので、まだまだ発展途上ですけど。

──「under the midnight sun」は、過保護にならずに書けましたか?

HIRO:これはこれでなかなか大変でした。自分が作詞した2曲には共通しているものがあって。前作『Gale』の主人公の目線で書いています。三部作というからには、「甘い罠」のヴォーカルバージョンが収録されていたり、何かしらのつながりを作りたかったので。何曲かの歌詞はそうしようと決めていました。でも、振り返ってみると、『Gale』の主人公である狼男の気持ちを書いていたはずの「under the midnight sun」が、途中から僕自身の気持ちにすり替わっています。どこですり替わっているか、僕にしかわからないけど……。すり替わった結果、狼男は実は自分だったという物語が期せずして生まれた気もしています。それもまったくの想定外でした。

◆HIRO [La'cryma Christi]、2ndソロアルバムを語る<第2回>へ
◆HIRO [La'cryma Christi]、2ndソロアルバムを語る<第1回>へ


■2ndソロアルバム『Midnight Sun』


2018年8月15日(水)発売
GQCS-30009 3,240円(税込)
01. 白夜 (作詞:HIRO)
02. 我 (作詞:鈴木慎一郎)
03. 鏡の中の君 (作詞:伊勢正三)
04. 反逆のセレナーデ (作詞:伊勢正三)
05. 緑の秋 (作詞:伊勢正三)
06. conviction (作詞:Naoki. H)
07. 残り香 (作詞:鈴木慎一郎)
08. 祈り (作詞:伊勢正三)
09. under the midnight sun (作詞:HIRO)
10. 遥か... (作詞:鈴木慎一郎)
全作曲・編曲:HIRO

▼レコーディング・ミュージシャン
Vocal & Guitar:HIRO
Bass:中村泰造
Drums:ササブチヒロシ
Chorus (M8):玉虫ナヲキ

【オフィシャルストア CD予約特典】
特典1) 直筆サイン入りフォトカード
https://wardrecords.com/products/detail4605.html
【オフィシャルストア CD+チケット予約特典】
特典1) 直筆サイン入りフォトカード
特典2) 8/26(日)ライヴ終演後の「握手&サイン会」参加券付
https://wardrecords.com/products/detail4606.html

■『Midnight Sun』発売記念インストアイベント

2018年9月2日(日)14:00~ タワーレコード渋谷店
2018年9月2日(日)18:30~ 渋谷ZEAL LINK
http://www.lacrymachristi.jp/HIRO_MidnightSun.html

■2ndソロライヴ<Under the midnight sun>


2018年8月26日(日) 渋谷CLUB QUATTRO
Open15:45 / Start16:30
▼ライヴ・ミュージシャン
Vocal & Guitar:HIRO
Guitar:Shinobu
Bass:中村泰造
Drums:ササブチヒロシ
Guest:田澤孝介 (Rayflower)
▼チケット
スタンディング 6,800円 (税込/ドリンク代別)
一般発売中
・オフィシャルストア https://wardrecords.com/products/detail4607.html
・イープラス http://eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002265418P0050001P006001P0030001
・ローソンチケット 0570-084-003 [Lコード:76406] http://l-tike.com/order/?gLcode=76406
・チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:122-039] https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1830991

■HIRO初のファン旅行<〜HIROの甘い罠〜越後湯沢で過ごす魅惑の2日間〜>


開催日:2018年10月20日(土)〜10月21日(日)
宿泊施設:NASPAニューオータニ(新潟県)
http://kk-kanko.com/hiro2018/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報