ピート・ドハーティの大食いチャレンジ、壁画に

twitterツイート

ピート・ドハーティの“イングリッシュ・ブレックファスト大食いチャレンジ ~ 完食”のニュースへの反響は大きく、彼に続けとカフェに駆けつける人が後を絶たないほか、絵画にした人まで現れた。

◆カフェ・オーナーの投稿

ピートが4エッグ、4ベーコン、4ソーセージ、クォーターパウンダー・バーガー、フレンチフライ、ハッシュポテト、オニオン・リング、ビーンズ、バブル&スクイーク、パン2枚などを19分半でたいらげた、英国ケント州マーゲイトにあるDalby Cafeのオーナーは、「今日、このアートの写真が届いた」と、壁に描かれた、苦し気に食すピートの壁画をインスタグラムに投稿した。

英国エセックス州サウスエンド=オン=シー在住のアーティスト、John Bulleyさんが描いたという。



また、地元メディア『Kent Live』の自称“大食い”記者2人は「ピートにできるなら自分らだって」と挑戦したものの、惨敗したそうだ。



Dalby Cafeのオーナーによると、大食いチャレンジは2004年からやっているものの、完食したのは15~16人、そのうち20分以内で食べ終えたのは5、6人しかいないという。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報