PreSonusから究極という名のDTMバンドル「AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle」登場

ツイート

音楽制作を始めたい人に向け、“究極”という名のDTMバンドルがPreSonusから登場。ハイレゾ対応のオーディオインターフェイス、モニタースピーカー、コンデンサーマイク、ヘッドホン、各種ケーブルを1セットにした「AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle」が、34,800円という驚きの価格でエムアイセブンジャパンより発売された。また、PreSonusのエントリー向けオーディオ・インターフェイスの価格改定が発表された。

パッケージの中心となるのは、ハイレゾ対応のコンパクトなオーディオ/MIDIインターフェイス「AudioBox USB 96」。マイク/インストゥルメント・コンボ入力2系統やゼロレーテンシー・モニタリングなど、レコーディングや制作に必要なベーシック機能を搭載。ソフトウェアにはレコーディング/プロダクション・ソフトウェア「Studio One Artist」が付属する。


▲「AudioBox USB 96」は、24Bit/96kHzクオリティ、シンプルで軽量、タフでUSBバスパワー駆動にも対応し、いつでもどこへでも音楽制作環境を連れ出せる。

モニタースピーカーは「Eris E3.5」をバンドル。タイトなベース、非常にクリアなアッパーエンドの極めて正確なレスポンスをもたらす2ウェイ・アクティブ・モニター・スピーカーだ。デザインに優れたKevlar低域トランスデューサー、低質量シルクドーム・ツイーター、レスポンシブなクラスA/Bの25Wアンプ、プロフェッショナルな音響調整コントロールを搭載し、信頼できるモニター・サウンドを提供する。

大型ダイアフラムを搭載したコンデンサーマイクロフォン「M7」は、ダイナミックマイクロフォンでは捉えられないディテールや倍音、微妙なニュアンスをも収録可能。サウンドに温かみを与え、ボーカルや楽器のレコーディングに幅広く対応。ヘッドホン「HD7」は、特許を取得したセミオープン・サウンド・チェンバーにより、優れたバランスながらパワフルでパンチのあるディープな重低音も提供。正確なミッドレンジとワイドなトレブルにより、ミックスやトラックの繊細なディテールをも捉える。軽量でエルゴノミック・デザインにより、長いレコーディング・セッション中にも快適なリスニング体験を提供し続ける。


▲左からモニタースピーカー「Eris E3.5」、コンデンサーマイクロフォン「M7」、ヘッドホン「HD7」。


■エントリー向けオーディオ・インターフェースがよりリーズナブルに

あわせてPreSonusのエントリー向けオーディオ・インターフェース「AudioBox iシリーズ」および「Studio 2|6」「Studio 6|8」の価格が改定され、より購入しやすい価格となった。対象製品は以下のとおり。

・AudioBox iOne:9,980円(旧価格:12,800円)
・AudioBox iTwo:14,800円(旧価格:19,800円)
・AudioBox iTwo STUDIO:25,800円(旧価格:27,800円)
・Studio 2|6:20,800円(旧価格:24,800円)
・Studio 6|8:32,800円(旧価格:36,800円)

製品情報

◆AudioBox 96 STUDIO Ultimate Bundle
価格:オープン(MI7 STORE価格 34,800円 税込)
発売日:2018年9月21日
この記事をツイート

この記事の関連情報