スラッシュ、友人レミーを偲ぶ

twitterツイート

スラッシュが、2015年に亡くなったモーターヘッドのレミーのレガシーを語り、「彼がいないこの惑星はつまらない場所になった」と友人を偲んだ。

◆スラッシュ画像

『Revolver』誌のインタビューで、彼にとってレミーのレガシーは何かと問われると、スラッシュはこう答えた。「レミーは最高にカッコいい人だった。1987年に初めて会って以来、俺らはいい友達だった。その年、ガンズは初めてロンドンへ行き、モーターヘッドはアルバムを制作中だった。俺たち、彼らに会いに行き、初対面で全員が意気投合した。レミーと俺は以来連絡を取り合っていて、いい友達になったんだ」

「彼は、ロックンロールとは何なのかっていう素晴らしい模範だった。ヘヴィ・メタル、ハード・ロック、いろんなラベルを貼れるが、彼はロックンロールのスピリットを具象化してた。長い間、俺が世界のどこにいようが、どういうわけか、レミーもそこにいるってことがあった。彼がいないこの惑星はつまらない場所になった。本当に、ものすごく彼を恋しく思う」

また、スラッシュはこのインタビューで、6月にガンズ・アンド・ローゼズの公演で初めてヴェルヴェット・リボルヴァーの「Slither」をプレイしたとき、スコット・ウェイランドに敬意を表せたように感じたと話した。

「あれは俺自身とダフ(・マッケイガン)にとって、いろんな意味で、スコットへのちょっとしたオマージュになった。数年ぶり、とくにスコットを喪った後、ステージであの曲をプレイするのは精神浄化作用があった」

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報