映画『ボヘミアン・ラプソディ』、“フレディになるまで”に迫るメイキング映像公開

twitterツイート

クイーンのバイオグラフィ映画『ボヘミアン・ラプソディ』(11月9日(金)全国公開)より、「フレディになるまで」と題したメイキング映像が公開された。

◆メイキング映像、画像

同映像は、本作でフレディ・マーキュリー役に挑んだラミ・マレックの役作りの様子や、その陰にあった工夫と努力を、関係者らの証言や舞台裏映像と共に紹介していくもの。映像中でマレックは、「責任重大だけどどうしても演じたい役だったから、フレディを継ぐつもりでオーディションに挑んだんだ。あのフレディ・マーキュリーをただ真似て、似せるだけ、ということはしたくなかった」と語っている。

振付師や“ムーブメントコーチ”らと共に細部までこだわり抜いて再現されたというフレディの仕草や、およそ50時間をかけて衣装合わせが行われたというコスチュームの数々、さらに「We Will Rock You」のステージシーンや<ライブ・エイド>の場面の一部も収められ、本編への期待が一層高まるメイキング映像となっている。


『ボヘミアン・ラプソディ』

2018年11月9日(金) 全国ロードショー
原題:Bohemian Rhapsody  監督:ブライアン・シンガー 製作:グレアム・キング/ジム・ビーチ
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン/ギター)/ロジャー・テイラー(クイーン/ドラム)
出演:ラミ・マレック/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ/グウィリム・リー/ルーシー・ボイントン/マイク・マイヤーズ/アレン・リーチ
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報