サム・スミス、さいたま公演で18,000人を魅了「この曲をみんなの前で歌うのが好きなんだ」

twitterツイート

サム・スミスのワールド・ツアー<Sam Smith “The Thrill Of It All World Tour”>の日本公演が10月12日(金)、埼玉・さいたまスーパーアリーナにて開幕した。

◆サム・スミス埼玉公演 画像

2017年秋にリリースされたセカンド・アルバム『The Thrill Of It All(スリル・オブ・イット・オール)』を携えての待望の来日公演とあって、平日の夜にもかかわらず、会場には18,000人のファンが集結。最新作からの「One Last Song」でライブをスタートさせたサムは、「東京のみんな! 気分はどう? 元気? 元気? みんな元気かな?」と挨拶すると、「I’m Not The Only One」「Lay Me Down」とヒット・シングルを続けて披露していく。「みんな知ってたら、是非一緒に歌ってね!」と呼びかけながら、自身のアルバムやEPからのナンバーはもちろん、映画『007 スペクター』の主題歌となった「Writing’s On The Wall」、ディスクロージャーやカルヴィン・ハリスとのコラボ曲なども交えて、さらに深みを増した美しい歌声で満場のオーディエンスを魅了した。


MCでは、「今回で5回目の来日なんだけど、僕は日本が本当に好きなんだ。食べ物も大好きで、今回はラーメンをちょっと食べすぎちゃったよ(笑)」とお茶目な表情を覗かせる一幕も。その後、「僕はいつも世界を飛び回ってライブをしているけど、それって、僕だけの力じゃ絶対に成し得ないことで。僕をいつもサポートしてくれる、バンドとコーラスのみんなを紹介します!」とメンバー一人ひとりを丁寧に紹介するなど、サムの人柄をうかがわせる温かな雰囲気のなかでステージが進行していった。

アンコールでは、ギター、ベース、ピアノ、女性シンガーをフィーチャーしたミニマムなアレンジで「Palace」を披露。続いて日本デビュー・シングル「Stay With Me」のイントロが流れると、観客からは大きなどよめきが起こる。「この曲は、今から4、5年前に初めて日本に来た時に、小さな小さなライブハウスで歌った曲なんだ。その時も、そして今も、この曲をみんなの前で歌うのが好きなんだよ。この曲はみんな歌えるよね? 一緒に歌ってね!」とシンガロングを誘い、ラストは「今は状況が良くないし、怖いけど、僕は祈る。状況が好転するように、神は今まで信じてなかったけど、神に祈ってみるよ」と荘厳な「Pray」へ。大きな拍手に包まれて、約2時間のライブは幕を閉じた。

本日10月15日(月)には、ジャパン・ツアー2日目となる大阪・大阪城ホール公演が行なわれる。

Photos by Masanori Naruse

■<Sam Smith “The Thrill Of It All World Tour”>埼玉公演 セットリスト

2018年10月12日(金)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
1. ワン・ラスト・ソング / One Last Song
2. アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン / I’m Not The Only One
3. レイ・ミー・ダウン / Lay Me Down
4. アイ・シング・ビコーズ・アイム・ハッピー / I Sing Because I’m Happy
5. オーメン(ディスクロージャー feat. サム・スミス) / Omen (Disclosure feat. Sam Smith)
6. ニルヴァーナ / Nirvna
7. アイ・トールド・ユー・ナウ / I Told You Now
8. ライティングズ・オン・ザ・ウォール / Writing’s On The Wall
9. ラッチ(ディスクロージャー feat. サム・スミス) / Latch (Disclosure feat. Sam Smith)
10. マネー・オン・マイ・マインド / Money On My Mind
11. ライク・アイ・キャン / Like I Can
12. リスタート / Restart
13. ベイビー・ユー・メイク・ミー・クレイジー / Baby You Make Me Crazy
14. セイ・イット・ファースト / Say It First
15. ミッドナイト・トレイン / Midnight Train
16. ヒム / Him
17. プロミセズ(カルヴィン・ハリス feat. サム・スミス) / Promises (Calvin Harris feat. Sam Smith)
18. トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて / Too Good At Goodbyes

En1. パレス / Palace
En2. ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい / Stay With Me
En3. プレイ / Pray

■<Sam Smith “The Thrill Of It All World Tour”>

2018年10月12日(金)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2018年10月15日(月)大阪・大阪城ホール
詳細:https://www.creativeman.co.jp/artist/2018/10samsmith/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報