ヘルシンキ<FLOW FESTIVAL>第一弾でThe Cure、Tame Impala、Father John Mistyら16組

twitterツイート

フィンランドの首都ヘルシンキ・Suvilahtiというベイエリアで開催されている野外フェス<FLOW FESTIVAL>が2019年も8月9日(金)から11日(日)まで3日間開催されることが発表、合わせて第一弾出演アーティストがラインナップした。

40周年を迎えた英バンド・The Cure、オーストラリアのオルタナティブ・ロックバンド・Tame Impala、10月にニューアルバム『Honey in October』をリリースしたスウェーデンのスター・Robyn、グラミー賞のベスト・オルタナティヴ・ミュージック・アルバムにもノミネートされたアメリカのシンガーソングライター・Father John Misty、独エレクトロの雄・ModeselektorはLIVEセットで出演、日系アメリカ人のインディーロックアイコン・Mitskiや、CupcakKe、Yves Tumor、Makaya McCraven、Amnesia Scannerなど世界中から様々なジャンルのアーティストが集結。地元フィンランドからはRuusut、Gasellit、Sofa、Jaakko Eino Kalevi、Agents、Ville Valo、Iisaという16組が発表された。

昨年同様に総勢100組以上のアーティストがラインナップを予定している。チケットは3日通し券で205ユーロ = 26,371円(2018年12月11日時点)、早割ゴールドエリアチケットは295ユーロ(37,948円)となっている。快適に音楽を楽しめる気候と北欧特有の白夜のなか開催されるフェス<FLOW FESTIVAL>、昨年の模様はリンクから。






<FLOW FESTIVAL 2019>

日程:2019年8月9日(金)・10日(土)・11日(日)
会場:Finland・Helsinki Suvilahti
第一弾アーティスト:Amnesia Scanner / CupcakKe / The Cure / Father John Misty / Gasellit / Iisa / Jaakko Eino Kalevi / Makaya McCraven / Mitski / Modeselektor (live) / Robyn / Ruusut / Sofa / Tame Impala / Ville Valo & Agents / Yves Tumor
チケット:3 days 205€ / Gold Area Early Bird pass, 3 days 295€

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス