ロキシー、ゾンビーズ、ジャネット、ロックの殿堂入りに喜びのコメント

twitterツイート

木曜日(12月13日)、2019年にザ・キュアー、デフ・レパード、ジャネット・ジャクソン、スティーヴィー・ニックス、レディオヘッド、ロキシー・ミュージック、ザ・ゾンビーズがロックの殿堂入りすることが発表され、アーティストから喜びや感謝のコメントが出た。

◆受賞者たちのコメント

ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーは、「僕らは、ロキシー・ミュージックの世界に関与してきた全ての人たち──ミュージシャン、エンジニア、プロデューサー、デザイナー、ビハインド・ザ・シーンの数えきれない人たち…そしてもちろん、僕らの忠実なファン──を代表し、この栄誉あるアワードを受け取ることを光栄に思う」とツイートした。


4度目の候補でいよいよ殿堂入りすることになったザ・ゾンビーズは、「ファンタスティック…とても嬉しい」(ロッド・アージェント)、「これは、キャリアそして人生の決定的な瞬間だ」(コリン・ブランストーン)とコメント。ジャネット・ジャクソンは「私たち、やったわ♥ みんなの愛と支援に感謝」とつぶやいた。



デフ・レパードは「俺らのファン&ロック・ホール委員会、ありがとう! 素晴らしい年のなんて締めくくりだ」、スティーヴィー・ニックスは「言いたいことたくさんある。でも、それらの言葉は後にとっておくわ。いまはただ、こう言いたい。私は1968年からバンドにいる。私のソロ作品が認められたのは、私に深い呼吸と笑顔をもたらした。輝かしい気分よ」とツイートしている。

レディオヘッドとザ・キュアーからはまだコメントはなされていない。

今年は7アーティスト/バンドのうち、5組(デフ・レパード、ザ・ゾンビーズ、ロキシー・ミュージック、ザ・キュアー、レディオヘッド)がUK出身のバンドだった。

ロキシー・ミュージックはブライアン・フェリー、ブライアン・イーノ、フィル・マンザネラ、ジョン・ガスタフソン、エディ・ジョブソン、アンディ・マッケイ、グラハム・シンプソン、ポール・トンプソンが、ザ・ゾンビーズはロッド・アージェント、コリン・ブランストーン、ポール・アトキンソン、ヒュー・グランディー、クリス・ホワイトが殿堂入りする。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報