アニメ/ゲーム TOP10【2018年をBARKSニュースで振り返る】

twitterツイート

年末恒例、アクセスランキングの発表です。ここではアニメ/ゲーム関連記事編をご紹介します。

◆【2018年をBARKSニュースで振り返る】アニメ/ゲームチャンネル(TOP30)

1位はLinked Horizon主宰・Revoへのインタビューでした! テレビアニメ『進撃の巨人』Season 3のエンディングテーマ「暁の鎮魂歌」が収録された、5年ぶりのシングル「楽園への進撃」についてのお話です。同シーズンで初めてエンディングテーマを担当することになったLinked Horizon。これまでとは違う角度からの、作品との寄り添い方について語っています。ちなみに去年もRevoのインタビューが1位だったんです。連覇。すごい。


2位は劇場版『ドラゴンボール』20作目、映画『ドラゴンボール超 ブロリー』ワールドプレミアのレポートです。こちらは東京・日本武道館で行なわれました。声優陣が1人ずつゲートから現れ、キャラクターの声で一言コメントしてステージに向かうという演出は本当にしびれました。イベントのラストに登壇者全員でかめはめ波を撃つ場面があり、動画がブレないようにカメラを構えていたんですが、撃った瞬間に「ボンッ!」っと大きな音が鳴ってスモークが吹き出し、カラーテープが降ってきたんです。驚きすぎて派手にブレました。動画はこちら↓



そして3位は、9月に引退した安室奈美恵に関するニュース。全国ツアー<namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜>の会場でしか見ることができなかった安室奈美恵とアニメ『ワンピース』がコラボしたスペシャルムービーが、8月に放送されたテレビアニメ『ワンピース エピソード オブ 空島』のエンディング映像として使用されました。安室奈美恵は同アニメのファンでもあるそうですが、自分がアニメキャラクター化して好きな作品のキャラクターと一緒に動いているって夢のようですよね。


4位以降にはNormCore、宇多田ヒカル、M.S.S Project、Aimer、OLDCODEX、水樹奈々、HoneyWorksの記事がランクイン。ちなみにAimerのインタビューは2012年10月に公開されたものでした。今年の作品だと、『恋は雨上がりのように』のエンディングテーマ「Ref:rain」良かったな〜って思い返してたんですが、放送開始が2018年の1月だったことに気づいて震えました。



ランキングを振り返ってきましたが、個人的に今年1番アツかったのは『新幹線変形ロボ シンカリオン』です! 子ども向けでしょ?と侮ってはいけません、おもしろいんです。大人が笑う細かいネタがたくさん仕込まれています。

BOYS AND MENが歌う主題歌「進化理論」もかっこいいのなんのって。戦闘シーンで流れるのがまた激アツなんですよ。パセラリゾーツとのコラボメニューを食べに行ったり、アニメの舞台になっている鉄道博物館(埼玉県)に行ったりもして、どっぷりハマりました。放送開始からまもなく丸1年。2年目も楽しみです。オープニング映像とミュージックビデオ貼っておきますね。




ついでになんですが、春に念願の白川郷(岐阜県)に行ってきました。『ひぐらしのなく頃に』の舞台、雛見沢村のモデルになっている土地です。聖地巡礼ってやったことなかったんですけど、どこを見ても「本物! やばい! 雛見沢!」って大興奮でした。


というわけで、今年のアクセスランキング(と個人的な趣味の話)をお届けしました! 来年話題になるのはどんな作品かな〜。

文◎高橋ひとみ(BARKS)


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報