『ボヘミアン・ラプソディ』、フレディ役のラミ・マレック、ゴールデン・グローブ受賞

twitterツイート

現地時間日曜日(1月6日)、米カリフォルニアで第76回ゴールデン・グローブ賞が開催され、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』が最優秀作品賞(映画/ドラマ部門)に選ばれた。

◆第76回ゴールデン・グローブ賞 関連画像

『ボヘミアン・ラプソディ』の快挙はこれだけに終わらず、フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが最優秀主演男優賞(映画/ドラマ部門)を受賞した。

最優秀作品賞(映画/ドラマ部門)には『ボヘミアン・ラプソディ』ほか、『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『ビール・ストリートの恋人たち』『アリー/ スター誕生』が、最優秀主演男優賞にはラミ・マレック、ブラッドリー・クーパー、ウィレム・デフォー、ルーカス・ヘッジズ、ジョン・デヴィッド・ワシントンが候補に挙がっていた。




『アリー/ スター誕生』で主演女優賞(映画/ドラマ部門)の候補に挙がっていたレディー・ガガは、このカテゴリーは逃したが、同作でブラッドリー・クーパーとデュエットした「Shallow」で主題歌賞を受賞した。「Shallow」は、ガガ、マーク・ロンソン、アンソニー・ロッソマンド、アンドリュー・ワイヤットが作詞作曲し、ガガとベンジャミン・ライスがプロデュースした。



また、音楽部門のもう1つのアワード、作曲賞は『ファースト・マン』のジャスティン・ハーウィッツが獲得した。


Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス