【イベントレポート】喜矢武豊、「早乙女太一がものすごいエロい声出してた!」

ツイート

ゴールデンボンバーの喜矢武豊(Gita-)が出演している音楽活劇『SHIRANAMI』の公開ゲネプロ・囲み取材が、舞台初日となる1月11日に行われた。

◆ゲネプロ・囲み取材 画像(14枚)

音楽活劇『SHIRANAMI』は、歌舞伎演目「弁天娘女男白浪」の「青砥縞花紅彩画」が原案の、幕末を舞台にした活劇。殺陣、ダンス、映像、ジャズミュージックなどさまざまな演出を取り入れた今までにないエンターテインメント性の高い活劇で、出演者には早乙女太一、龍 真咲、伊礼彼方、喜矢武豊、松尾貴史らが名を連ねる。喜矢武豊は彼らとともに暗躍する「白浪五人男」のひとり、神出鬼没な盗人・忠信利平を演じる。


ハラハラさせるストーリー、華やかな衣装、躍動する舞台セット、LEDを使った鮮やかな照明、役者陣の見事な演技…と、見どころ満載の本舞台だが、喜矢武豊はかなり重要な役どころを務める。普段の“ゴールデンボンバーの喜矢武豊”とはまったく違う、役者陣にも負けない迫真の演技だ。劇中では演技のほかにも殺陣や歌を披露するほか、ギターを抱える場面も。


まるで本番かのような熱いゲネプロを終えたあとの囲み取材では、早乙女太一、龍 真咲、伊礼彼方、喜矢武豊、松尾貴史という個性豊かなメンツと脚本・演出のG2が、本作の見どころを語った。喜矢武豊は本舞台について「基本僕は音楽に関わりたくないと思っているんで、また音楽か!と思いましたが、(音楽活劇というのは)面白い試みだと思います」とコメント。

また稽古中、早乙女太一が喜矢武豊の楽屋にずっと入り浸っていていたなど、仲の良さがうかがえる裏話も明かされた。喜矢武豊は早乙女太一から、着物での所作や殺陣も教えてもらっていたそうだ。そんな早乙女太一は劇中で花魁姿も披露するが、喜矢武豊もその姿を「ものすごいエロい声だしてたよね(笑)。色気に参っちゃってます」と絶賛。これから舞台を見に行く方はぜひお楽しみに。


なお、ゴールデンボンバーのメンバーたちもこの舞台を見に来る予定だそうだ。喜矢武豊いわく「僕のアラを探してライブのネタにしようとしているはず」とのこと。「(舞台に出ることは)SNSで見て知ってるんじゃないかな」とのジョークも飛ばしていた。


最後に早乙女太一から、「いろんな見せ場や魅力が詰まっています。新年にふさわしく、賑やかにみんなに元気を持って帰ってもらえるようエネルギッシュに頑張りますのでよろしくお願いします」との言葉で、本日のゲネプロ・取材が締めくくられた。音楽活劇『SHIRANAMI』は、本日1月11日(金)より、開幕。

文◎服部容子(BARKS)
写真◎高橋ひとみ(BARKS)



音楽活劇「SHIRANAMI」

脚本・演出:G2
ショー演出・LEDディレクション:市川訓由
出演:早乙女太一 龍 真咲 伊礼彼方 喜矢武 豊 松尾貴史
主催:フジテレビジョン サンライズプロモーション大阪
公演期間:2019年1月11日(金)~29日(火)
劇場:新国立劇場 中劇場
チケット料金:S席¥11,000 A席 ¥8,000

■チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/shiranami/
0570-02-9999 <Pコード:489-621>(24時間(メンテナンス:月・火 26:30~29:30))
■ローソンチケット
http://l-tike.com/shiranami/
0570-08-4003 <Lコード:32976>(24時間)
0570-00-0407 (オペレーター:10:00〜20:00)
■e+(イープラス)
http://eplus.jp/shiranami/
■CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/shiranami/
0570-08-9999 (10:00~18:00)
■フジテレビダイレクト
http://fujitvdirect.jp
※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話・PHSからはご利用になれません。
※音声自動応答での受付番号はダイヤル回線からのご利用はできません。
プッシュ回線またはトーン信号の出る電話機からおかけください。
お問合わせ:公演事務局 0570-200-114(全日10:00~18:00)

◆音楽活劇「SHIRANAMI」 公式サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報