【インタビュー】氣志團團長 綾小路 翔が語る、2018年の活動で見えてきた2019年のヒント

twitterツイート
PR

――取材している現在は、いよいよ2018年も大詰め。まずは氣志團の怒涛の2018年を振り返っていただきたいと思います。

綾小路 翔(以下、綾小路):え~と、今年の頭って何してましたっけ(笑)? そうか、まだ前ホールツアー<リーゼント魂>の最中だったんですね。1月は岩手県遠野市に行ったんですけど、遠野にはうちのばあちゃんが住んでいて。その直前の1月3日に亡くなってしまったので、残念ながら間に合わなかったんですけど、自分のルールである遠野でGIGが出来たことはすごく良かったなと思ったり。20周年記念盤『万謡集』を出して、それを引っさげてツアーを回れたこともすごく良かったです。あと、このツアーは錦織純平くん(微熱DANJI)に演出を任せたので、僕は歌や演奏に集中して出来たことが本当に学びや気付きになって。すごく力になったし、自分の中では大きく成長出来たツアーでした。ただそれと同時に、あの頃は自分の中ですごくモヤモヤするものがあって。“バンドってなんだろう?”なんてことを漠然と考えていて、思い切ってバンド活動から一回離れてみようかな?とさえ思っていたんです。

――昨年くらいから、“ソロ活動をやってみたい”とよく言ってましたよね。

綾小路:はい。決してネガティブな思考なわけではなくて、一度一人でやってみないことには答えがでないのではないかな、と思って。で、ツアーが2月に終わって、4月に自分の生誕記念特別公演を行う際に<ロックン・ロール最高物語~P.S.アイシテル。~>っていう、5人組のドゥーワップ・グループの青春活劇、いわゆるロックンロール・レヴューみたいなものを作ったんです。これはまさに自分の原点というか、“That's 綾小路ワールド”だったんですが、これをやったことで、“俺はソロがやりたいんじゃないんだ。みんなで分かち合いたいんだ”という己の原理に辿りつきまして。“最高なのステージを見せよう!”と毎日、朝から朝まで稽古場にいて、みんなで血反吐はくぐらいに一生懸命練習して。それが最高に楽しかったし、“これがやりたかったんだ!”と思えたんです。そこでグループでやりたいんだってことを再確認出来て、今度は夏のライブハウスツアーに突入して。


取材・文:フジジュン

氣志團ライブ情報

<氣志團團員生誕記念GIGシリーズ 「一日團長」 第二弾~早乙女 光~編>
1月24日(木)マイナビBLITZ赤坂
チケット一般発売日:1月12日(土)

<氣志團現象Ⅴ 「暴走元年 ~今日から俺たちは!!~」>
3月14日(木)埼玉 川口総合文化センター リリア(メインホール)
3月16日(土)山梨 東京エレクトロン韮崎文化ホール
3月21日(木・祝)宮城 仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月23日(土)岩手 北上市文化交流センターさくらホール 大ホール
3月29日(金)三重 鈴鹿市民会館
3月30日(土)静岡 焼津文化会館
4月6日(土)神奈川 厚木市文化会館 大ホール
4月14日(日)千葉 千葉県文化会館
4月19日(金)北海道 北見市民会館 大ホール
4月21日(日)北海道 札幌市教育文化会館大ホール
4月26日(金)広島 アステールプラザ
4月28日(日)京都 ロームシアター
5月6日(月・祝)大阪 オリックス劇場
5月11日(土)福岡 福岡市民会館
5月12日(日)鹿児島 鹿児島市民文化ホール第2
5月18日(土)香川 サンポートホール高松
5月19日(日)愛媛 西条市総合文化会館
5月25日(土)岡山 岡山市民会館
5月26日(日)島根 安来市総合文化ホール アルテピア
5月31日(金)石川 金沢市文化ホール
6月2日(日)長野 ホクト文化ホール・中ホール
6月8日(土)大分 宇佐文化会館
6月9日(日)福岡 ユメニティのおがた
6月14日(金)東京 中野サンプラザホール
6月15日(土)東京 中野サンプラザホール
6月22日(土)愛知 愛知県芸術劇場
チケット一般発売日:2019年2月2日(土)

氣志團オフィシャルサイト
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス