【対談】フルカワユタカ×安野勇太[HAWAIIAN6]、避けていたメロコアを盟友と共作「遅れて来た青春を謳歌している」

ツイート

フルカワユタカが2018年12月5日、両A面コラボシングル「クジャクとドラゴン / インサイドアウトとアップサイドダウン」をリリースした。同シングルにはHAWAIIAN6の安野勇太とPOLYSICSのハヤシヒロユキの盟友2組をフィーチャーした共作2曲を収録。両氏とも2018年夏に開催されたフルカワユタカ主催企画ライブ<5×20 additional, Play With シックス>の対バン相手であり、フルカワとの共作という意味ではthe band apartの原昌和とのコラボシングル「ドナルドとウォルター」に続く作品となる。

◆フルカワユタカ×安野勇太[HAWAIIAN6] 画像

フルカワユタカとHAWAIIAN6との出会いや決別、そして再会は、連載コラムその特別編net radio ver.でも語られている通り。活動初期の20年前に同じシーンを歩いた仲間であり、一時はあえて距離を取ることで各々のオリジナリティを極めた。また、両氏ともギター&ボーカルであり作詞作曲を手掛けるという点では、前回対談に登場してもらったPOLYSICSのハヤシヒロユキと同じスタンスでもある。

フルカワ曰く、「自分が避けていたメロコアを漠然とやりたいと思うようになった」という心模様から制作がスタートしたコラボ作「クジャクとドラゴン feat.安野勇太」は、両氏ががっぷり四つに組んだからこそ生み出されたものであり、今でなければ作ることの出来なかった楽曲でもある。前回のハヤシヒロユキ対談同様、歯に衣着せぬ爆笑あり、経験と実績を持つ2人による深い言葉ありのロングなトークセッションをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■みんながHi-STANDARDみたいな中で
■HAWAIIAN6にはオリジナリティがあった

──両A面コラボシングル「クジャクとドラゴン / インサイドアウトとアップサイドダウン」の「クジャクとドラゴン」でHAWAIIAN6の安野勇太さんを迎えましたが、周囲の反応はどうですか?

フルカワ:イベント<POWER STOCK 2018>(12月2日@Zepp Sapporo)に出たとき、locofrankのメンバーから「すげえ、いい曲すね!」と言われて。自分の中でそういう人たちがどんな反応をくれるのか大事だったから。まあ、「最悪だね」という人はいないと思うけど。

安野:「なんなのあの曲? クソだろ!」ってね(笑)。

フルカワ:彼らはちゃんと評価してくれてるし、いいリアクシヨンをもらえて良かったですね。

▲フルカワユタカ

──勇太さんのほうは?

安野:結構いろんな人に言われますね。「YouTubeでミュージックビデオ観たよ」ってハードコアの仲間も言ってくれたりして。このあいだシノッピ (渡邊忍 / ASPARAGUS)に会ったときも「すごく良かったよ」って。

フルカワ:あれ? 何回も会ってるのに、オレは言われてないなあ(笑)。

──フルカワさんは、メロコア勢の反応は気になります?

フルカワ:メロコア勢というよりも、今、HAWAIIAN6と一緒に対バンしているlocofrankやdustboxが、勇太とオレが一緒にやったことについて、どう思うのかなって。なんか、locofrankの木下君は「ウチの勇太が目立ってすいません!」って、何目線かわからないコメントをくれて(笑)。

安野:そういうところあるんだよ。“ウチの身内が”みたいなところを出すから。基本体質がヤンキーなので(笑)。

フルカワ:「いや、木下君、目立ってほしくて勇太にお願いしたから」と言ったけどね。

▲安野勇太[HAWAIIAN6]

──今回のコラボ曲の話を聞く前に、お二人の出会いから教えてもらえますか?

フルカワ:めちゃくちゃ古いですよ。20年ぐらい前じゃないかな。まだ10代だよね?

安野:うん、19歳とかだったと思う。

フルカワ:ブッキングのレベルですね。そのときのウチのベース(TARO / DOPING PANDA)がJr.MONSTERと知り合いで、HAWAIIAN6の名前はよく聞いてたんですよ。で、HAWAIIAN6と一緒になったのは高円寺GEARですね。

安野:ちょいちょいやってたよね。でも西荻WATTSのイメージが強くて。

フルカワ:西荻WATTSはその後なんだよね。最初にGEARでやったのはすごく覚えてて、楽屋で対バンした他のバンドのヤツに「HAWAIIAN6は横山健とつながってるから、絶対話しかけて仲良くなったほうがいいよ」ってわけわかんないこと言われて。その話をはっちゃん (HATANO / HAWAIIAN6)に言って、そいつの悪口で大盛り上がりしてね。で、そのときに僕がモスバーガーのチケットを渡したらしいんですよ。

──えっ(笑)?

フルカワ:クーポン券みたいなものを渡したんですって、はっちゃんがそう言ってました(笑)。

安野:名刺代わりみたいなニュアンスじゃないの?

フルカワ:うん、ギャグだったと思います。今考えると、クソ寒いですけどね。それでHAWAIIAN6の企画に誘われたのかな。

──安野さんは当時の記憶というと?

安野:まあ、同じような感じですね。

フルカワ:HAWAIIAN6はJr.MONSTERと仲が良かったんだよね。

安野:うん。あと、MONSOONも近い存在だったし。ほかにAIM、SHACHIとか。

フルカワ:府中のTHE WiLDHEARTSみたいなバンドなんだっけ?

安野:WITH MY FOOT。

フルカワ:そうだ! タロティ(TARO)とWITH MY FOOTが仲良くて、その繋がりでJr.MONSTERと仲良くなったりして。WITH MY FOOTは完成してて、“東京ってすげえな”と思った。

安野:東京というより、あのバンドは完成してた。初めて観たときはビックリしたもん。やたら上手くて。

──お互いの音楽性に関してはどんな印象を持ってました?

フルカワ:いわゆる王道のメロコアというか、みんなHi-STANDARDみたいな感じで。

安野:ははは、そういう時代だったよね。

フルカワ:その中でHAWAIIAN6はオリジナリティがあったし、みんなリスペクトしてましたよ。僕らが仲良くなったFROTRIPとかもそうだけど、比較的ちゃんとしてました。“なんとか崩れ”じゃない仲間で集まっていたので。マーちゃん (原 / the band apart)とか勇太に関しては当時から凄いと思ってましたからね。

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス