【対談】フルカワユタカ×安野勇太[HAWAIIAN6]、避けていたメロコアを盟友と共作「遅れて来た青春を謳歌している」

ツイート

■もてなそうとしてのビッグマウスだったり
■ちょっと面白いやつを演じてる感じ

──勇太さんはいかがですか?

安野:ドーパンですよね? 凄いなと思ってましたよ。やたらギターが上手いし、歪まないのにグレッチを無理やり弾いてたし(笑)、なんか凄いなって。ある時期からフルカワが作る曲がヤバくなってきたし。

フルカワ:お客さんもそんなに多くなかったから、対バンにかますために作っていたところはありましたね。“どうだ!”って。モチベーションが“対バンに向けて”という意識は強かったと思う。

──当時、ドーパンのデビューシングル「Dream is not over」を聴いたときは“新世代のバンドが出てきたな”と感じました。

フルカワ:僕ら、もともとパンクじゃなかったですからね。

▲安野勇太[HAWAIIAN6]

──ただ、大きな枠組みの中で言えば、ドーパンはメロコアバンドと捉えられてるところもありましたよね?

フルカワ:対バンする仲間がそうでしたからね、自覚はありましたよ。“HAWAIIAN6がHi-STANDARDなら、オレらはHUSKING BEEだ!”みたいな。道なき道を作った先輩たちがいて、その後を歩かなきゃいけないオレたちがいて、当時は誰かになぞらえてましたからね。だから、オレらも寄せてました。後追いでHUSKING BEE は知りましたから。地元にいた頃に『Heavy Metal Syndicate』というラジオ番組を聴いてて、当時ジェイソン・ベッカーというカコフォニー(米国ヘヴィメタルバンド)のギタリストが大好きだったんですけど、その人が新譜を出すタイミングで手紙を送ったんですよ。“才能ある人がパーキンソン病になって、かわいそうだ”みたいな。“ニルヴァーナとかグリーン・デイとか、テクニックもないクソみたいな音楽が流行ってる”みたいなことを書いたら、その手紙が読まれたんですよ。

安野:マジで(笑)?

フルカワ:うん、そのクソみたいな音楽の部分は読まれなかったけどね。毎週ラジオを聴いてて、まさか読まれるとは思わなかったから、読まれた瞬間に恥ずかしくなっちゃって(笑)。翌日、学校のメタル仲間から、「山口市に住んでて、あんなことを書ける奴はオマエしかいない!」って、バレそうになり。そのときは否定したけど(笑)。

安野:ははははは。

フルカワ:ええと、何の話だっけ? それぐらいパンクに対して偏見があったんですよ。田舎に住んでいたし、メタル友達とマノウォーとかレイジとか。レイジと言ってもアゲインストザマシーンじぇねえぞって。

──ジャーマンメタルのレイジですね(笑)。

フルカワ:そうです。上京して、大学でタロティと知り合って、NOFX、Hi-STANDARDとかを知ったんですよ。その軽音楽部の先輩にはRUDE BONESのギターがいたりもして。“あっ、音楽は上手い下手だけじゃないんだな”と。それからギターも練習しなくなりました(笑)。

──メタル少年が変貌したと。

フルカワ:ヘタになろうと思いましたからね(笑)。東京でライヴを観に行くのが楽しくなっちゃって。三軒茶屋HEAVEN'S DOORにスキャフルキングを見に行ったらその対バンがASSFORT、ヌンチャクだったりして。勇太は最初からメロコア聴いてたの? ギターを弾くきっかけもそこ?

安野:違う。

フルカワ:そうだよね、プレイスタイルもそっちじゃないもんね。

安野:高校に行くまでパンクなんて全く知らなくて。「オマエ、Hi-STANDARDも知らないの?」って、高校の友達に言われて。そいつに『GROWING UP』を借りたんだよね。それが入り口でいろいろ聴いたから。

▲フルカワユタカ

──話を戻しますが、それからお二人の付き合いはどういう風に変化したんですか?

安野:いろいろ話をした記憶はあるけど、特段仲良かったわけでもないですね。

フルカワ:音楽の話をするのはHAWAIIAN6の中では勇太だけで、はっちゃんとは“打ち上げでドッカン!”みたいな感じだったから(笑)。

安野:楽屋でちょっと話す程度だよね。

フルカワ:これはマーちゃんにも勇太に関しても言えることだけど、本音でいけないところがあって。苦手とかじゃなくて、話したいんだけど、芯を食った話はしてないと思います。ヘンな言い方だけど、こっちがリスペクトしているだけに、“この人、あまりオレに興味ないな、オレを凄いと思ってないな”となっちゃったら、傷つくから(笑)。

安野:そんな風に思われていた記憶もないし。ただフルカワはヘンな奴だなと思ってました。

──というのは?

安野:ヒネクレているというか。でも基本、根が優しいんですよ。もてなそうとしてビッグマウスでヤーヤー言うような、ちょっと面白いやつを演じてる感じだったんですよ。それはいまだに思いますね。

フルカワ:ははははは。

安野:“ロックスター”って自分で言ったり、まわりからもそう呼ばれるようになって、雑誌でも凄いこと言ってたんだけど、それも根が優しいだけなんですよ。

──サービス精神が旺盛だと。

フルカワ:そういう風に言われると、クソ恥ずかしいですね。嬉しいけど。

安野:若いときはイキがっていたところもあるだろうけど、人間性自体は変わってないんだろうなと。

フルカワ:人によるんですよ。イキがる相手を選んでいたと思います(笑)。マーちゃんと勇太の前ではイキがってないですね。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス