LIPHLICH、ベース進藤渉脱退ライブ「今日は僕ら自体もどうなるかわかりません」

twitterツイート
PR

昨年の秋に進藤渉(B)の脱退を発表し、ファンに衝撃を与えたLIPHLICH。フェティッシュな衣装に7弦ベースという個性的な存在でバンドに華を添えてきた進藤の離脱は正直残念だ。だが、メンバーは1月12日に現体制の4人では最後となるライブ<PATH OF LIFE>をTSUTAYA O-WESTで開催。進藤を送り出す場を設け、多くのファンとその瞬間を共有した。

開演時間となり、本編は「リフリッチがやってくる」でスタート。ステージ上に立つのは久我新悟(Vo)、新井崇之(G)、進藤渉(B)、そして小林孝聡(Dr)の4人。進藤のラストステージという独特のシチュエーションではありながら、曲が始まると場内はたちまちLIPHLICH特有の空気感に包まれていく。妖しげでシアトリカルなパフォーマンスは、ヘタをすれば下世話になりがちだが、久我の表現力抜群のボーカルと、新井、進藤、そして小林のバンドアンサンブルのおかげで奥深いものとなる。この日も、冒頭からそんな持ち味を見事に活かしながら、ステージが展開していった。しかも、この日のセットリストは2012年にリリースした音源から最近の楽曲に至るまでの幅広い選曲。まさに走馬燈のようなスペシャルなものだった。もちろん、ライブを盛り上げるアッパーなナンバーもはさみ、冒頭から熱いテンションで進行していく。ただ、やはり特殊な日であることに変わりはない。前半のMCで久我は……。


取材・文:海江敦士
撮影:東 美樹

■LIPHLICHライブ情報

<AREA 22nd anniversary~LIPHLICH -Monthly- Oneman Show~>
4月25日(木) 高田馬場AREA
5月10日(金) 高田馬場AREA
6月14日(金) 高田馬場AREA
7月12日(金) 高田馬場AREA
8月10日(土) 高田馬場AREA
9月14日(土) 高田馬場AREA
10月12日(土) 高田馬場AREA11月9日(土) 高田馬場AREA
12月22日(日) 高田馬場AREA
※詳細後日解禁

<イベント出演>
3月14日(木) EDGE Ikebukuro
3月20日(水) 札幌PENNY LANE24
3月21日(木/祝) 苫小牧ELLCUBE
3月27日(水) 高田馬場AREA
5月4日(土) 高田馬場CLUB PHASE

◆オフィシャルホームページ
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス