ISSA、劇場アニメ初出演。父親の目線で映画『きかんしゃトーマス』をアピール

twitterツイート

ISSAが4月5日より全国公開の『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』にて、アフレコに挑戦した。

◆関連画像

「きかんしゃトーマス」シリーズ劇場版最新作となる本作で、ISSAは世界一周ラリーをするいたずら好きでちょっぴりうぬぼれ屋のレーシングカー・エースを演じる。ISSAにとっては、これが劇場アニメ初出演となる。

1月31日に行われた公開アフレコ収録では、トーマスたちの住むソドー島にエースがやってくる初登場シーンと、自由気ままなエースの姿に憧れを抱くトーマスとエースの出会いのシーン、アフリカに到着したエースとトーマスの3シーンを披露。

アフレコ前に「今回初めてのアニメのアフレコなので、エースの小生意気な魅力を出せたらいいなと思います」と語っていた通り、ISSA持ち前のパワフルで艶のある美声でエースを演じ切った。

収録後に行われたトークでは開口一番「いやぁ難しいですね!普段お芝居させていただくことはありますが、キャラクターを演じるのは難しいです」とアフレコの率直な感想を口にしたISSA。初となる劇場アニメの吹き替えに悪戦苦闘しつつも、今回のオファーに対しては「驚きと嬉しい気持ちでいっぱいですし、すごく光栄でした」と喜びを表現していた。


本編を観た感想については、「トーマスがエースと出会ったことによって世界一周に旅立つ物語なのですが、エースが自由気ままなキャラクターなので、トーマスと共に旅をしながら、新しい友達と出会ったり、友達との友情を大切にする姿が描かれていて、純粋に感動しました。仲間たちがトーマスを心配して助け合ったりするところに、グッときましたね」と、本作で描かれるストーリーに心掴まれた様子も見せた。

MCから将来子供が生まれたらどうするか、という質問には「(今回の出演は)やっぱり自慢にはなると思います。子供に誇りに思って貰えるようなお父さんになりたいというか。そういう気持ちもありますし、今回“ニア”という女の子機関車のキャラクターも登場していて、女の子も楽しめる作品になっているので、娘だとしても良いですよね。一緒に観たいです」と父親目線で本作の魅力を熱弁する場面も。

また、「劇中でエースは一曲だけ歌を歌うのですが、普段の歌い方よりはミュージカルに近くて。役が発する言葉がメロディになっていくところの難しさがあって、苦戦しましたね」と、歌唱シーンにチャレンジしていることも明かしつつ、「テンポの良い歌を披露するので、そこも見所の一つです!」とアピールしていた。

『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』

【クレジット】(C)2019 Gullane(Thomas)Limited.
【提供】ソニー・クリエイティブプロダクツ
【配給】東京テアトル
【配給協力】イオンエンターテイメント
【公式サイト】https://movie2019.thomasandfriends.jp/

4月5日(金)より、シネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほかにてロードショー

◆『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報