ロジャー・ウォーターズ、マルーン5らにスーパーボウルでひざまずくよう呼びかける

twitterツイート

ロジャー・ウォーターズが、今週日曜日(2月3日)スーパーボウルのハーフタイム・ショーでパフォーマンスするマルーン5、トラヴィス・スコット、ビッグ・ボーイにステージでひざまずくよう求めた。

◆ロジャー・ウォーターズ画像、動画

ウォーターズは木曜日(1月31日)、Facebookにこんなメッセージを投稿した。「僕の同僚、マルーン5、トラヴィス・スコット、ビッグ・ボーイが今週日曜日、スーパーボウルのハーフタイム・ショーでパフォーマンスする。僕は、ステージの上ではっきり見える形で“ひざまずく”よう、彼らに求める。コリン・キャパニックへの連帯感からそれをやるよう、凶悪なストリートで射殺された子供たちのために、家族を失ったすべての母親、父親、兄弟、姉妹のためにそれをやるよう求める」

「君らは選択を迫られている。簡単なことだとは言ってない。激怒する人達はいるだろう。でも、そんな連中は放っておけ。僕は、君らにそうするよう求める。なぜなら、それは正しい行いで、君もどこかでそれをわかっているだろうから」




ロジャー・ウォーターズは、コリン・キャパニック選手が人種差別に抗議し、国歌斉唱で起立せず、ひざまずいた翌年(2017年9月)、米コネチカット州で開いた公演の最後でバンドと一緒にひざまずき、キャパニック選手への連帯感を示していた。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報