バーニー・トーメ、重度の肺炎により入院

twitterツイート

オジー・オズボーンやイアン・ギランとプレイしてきたアイルランド人のギタリスト、バーニー・トーメが重度の肺炎により入院したという。

◆バーニー・トーメ画像

水曜日(2月13日)、「バーニー・トーメは極めて具合が悪く、気管支肺炎で集中治療室にいます。彼のために祈ってください」とのメッセージがFacebookに投稿された。



トーメは70年代後半、イアン・ギランが結成したバンド、ギランに加入し、数年間活動を共にした後、1982年にランディ・ローズが亡くなった直後、短期間ではあるがオジー・オズボーンのツアーに参加した。昨年6月スウェーデンで開かれたフェスティバルで、それ以来36年ぶりにオジーと再会したと、楽屋で撮影した2ショットをFacebookで公開していた。そのオジーも現在、インフルエンザが肺炎を引き起こす可能性があると懸念され入院中で、数日前まで集中治療室に入っていた。

トーメのFacebookには、彼の回復を願うメッセージが数多く寄せられている。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報