Buffalo Daughterのアルバム再現ライブにSASUKEや山本精一

ツイート


Buffalo DaughterがV2レコーズ在籍時にCDリリースした『Pshychic』(2003年)、『Euphorica』(2006年)の初のアナログ化を祝し、ゲストと共に全曲を再現するスペシャル・ライブ・ツアーの第2弾ゲストが発表された。

5月30日(木)の東京公演@恵比寿LIQUIDROOMには、先だって発表された中村達也、小山田圭吾、菊地成孔に加え、AAAMYYY(Tempalay)、SASUKEの2アーティストが決定。Buffalo Daughter結成“25+1”イヤーならではのスペシャル感溢れるゲストを迎えたツアー幕開けとなる。

そして、6月14日(金)の神戸公演@神戸VARIT.には和田晋侍(DMBQ)が、6月15(土)日の京都公演@京都CLUB METROには山本精一の出演が決定した。Buffalo Daughterにとっても初の試みとなる“アルバム全曲再現ライブ”、東京と京都公演のチケット一般発売は本日3月22日よりスタートする。



また、15歳の現役中学生にて新進気鋭のトラック・メーカーであるSASUKEによる「Elephante Marinos(エレファンテ・マリノス)」 (『Euphorica』収録)の2019Ver.も、本日から主要配信メディアで配信開始となっている。

なお本日、LIQUIDROOMのオフィシャルサイトにて、25+1年を振り返るインタビューも公開された。90年代、ビースティー・ボーイズが主宰するレーベル“GRAND ROYAL”からの『NEW ROCK』のリリース、全米50箇所に渡るツアーの話、今回の“25+1Party”についてまで貴重なエピソードが満載となっている。

さらに、本日3月22日20時からは、Ginza Sony Park でのPARK LIVEに登場する。2タイトルのアナログ・リリースをいち早く記念する約1時間のライブを行う予定だ。

なお3月20日(水)に発売を予定していた『Pshychic』(2003年)、『Euphorica』(2006年)の2作品アナログ盤が、ジャケット印刷の不具合のため一旦発売を延期するという。それに伴い、3月22日(金)のPARK LIVEにて予定していたアナログの販売会も中止に。新しい発売日が決まり次第、発売元であるJET SET のHP (https://www.jetsetrecords.ne) 及び、バンドのオフィシャルサイト(www.buffalodaughter.com)ほかにてアナウンスされる。

■ “25+1 Party” ツアー情報

【東京】 恵比寿LIQUIDROOM
2019/5/30(木) 18:30開場/19:30開演
ゲスト:中村達也、小山田圭吾、菊地成孔、AAAMYYY(Tempalay)、SASUKE

【神戸】 神戸VARIT.
2019/6/14(金) o/p未定
ゲスト:和田晋侍(DMQB)

【京都】 京都CLUB METRO
2019/6/15(土) 18:30開場/19:00開演
ゲスト:山本精一

【小倉】福岡県 北九州市 小倉FUSE
2019/6/29(土) 17:30開場/18:00開演

■Park Live@GINZA SONY PARK イベント情報

結成25周年を迎えた、Buffalo Daughter がPark Liveに登場。
名盤『Pshychic』と『Euphorica』のヴァイナルリリースを記念した一夜

日時:2019年3月22日(金)20:00~21:00予定
場所: PARK B4/ 地下4階
※入場料無料※ 「""BEER TO GO"" by SPRING VALLEY BREWERY」でワンオーダーをお願いします
https://www.ginzasonypark.jp/program/000/
Instagram: https://www.instagram.com/ginzasonypark/

この記事をツイート

この記事の関連情報