deadman、活動休止から13年を経てライヴ開催

twitterツイート

deadmanが2019年9月9日、東京・LIQUIDROOM ebisuにて13年ぶりのライヴ<oneman live 2019 -before the dawn->を開催することが発表となった。

◆deadman 画像

2001年から2006年まで活動し、ヴィジュアルシーンで唯一無二の存在だったバンドがdeadmanだ。その眞呼 (Vo)とaie (G)が、再び。deadmanの活動休止後、眞呼は表だった活動はほとんどなかったが、海外のファンを含め熱狂的なリスナーが多い。aieはthe studs、the god and death stars、gibkiy bibkiy gibkiyのメンバーとして、ギタリストだけでなくヴォーカリストやコンポーザーなど多彩な才能を発揮している。

活動休止から13年を経て、なぜ今、deadmanなのか? なぜ2人なのか? このステージで彼らは何を表現し、何を伝えようとしているのか? “before the dawn”というタイトルが意味するものとは?──注目の一夜となる。なお、この夜はサポートメンバーとしてベースにテツ(メリー)、ドラムスに晁直(lynch.)を迎えて行われる予定だ。

■deadman<oneman live 2019 -before the dawn->

2019年9月9日(月) 東京LIQUIDROOM ebisu

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報