より美しく見やすい楽譜がカンタンに作れる楽譜作成ソフト「Finale 26 日本語版」登場

twitterツイート

1989年の誕生から着実にバージョンアップを続けてきた定番楽譜作成ソフト「Finale(フィナーレ)」の最新版、「Finale version 26 日本語版」が登場。ダウンロード版が3月22日、パッケージ版が4月3日に発売される。

新バージョンでは、より美しく見やすい楽譜を今まで以上にカンタンに作れるよう進化。アーティキュレーションの垂直方向での衝突自動回避にフォーカスした改良が加えられ、その挙動も設定可能となっている。

アーティキュレーションの積み重ね配置や位置調整を自動化したほか、符尾の反転にアーティキュレーションが自動追従。コード・ネーム/発想記号/変形図形のライブラリが拡張され、フォント用コード・サフィックス・ライブラリの革新によりコード記号も拡充した。さらに、日本語版の初期設定ファイルではコード・ネーム全体に大きめのフォントを採用し、演奏現場での読みやすさを追求している。加えてパフォーマンスの向上、Retinaサポートの向上が図られ、多くの新しいテンプレートが用意されるなど、 正にメジャー・バージョンアップに相応しい仕上がりとなっている。

製品はパッケージ版、ダウンロード版、そしてガイドブック付属版をラインナップ。学生/教職員/教育機関向けにアカデミック版やマルチライセンスも用意する。


▲アカデミック版はパッケージが37,800円、ダウンロードが34,800円。アカデミック版 ガイドブック付属版は39,800円。対象条件などは製品ページでチェックを。

製品情報

◆Finale version 26
価格:オープン(ダウンロード版:54,800円前後、パッケージ版:59,800円前後、ガイドブック付属版:62,800円前後)
発売日:ダウンロード版 2019年3月22日、パッケージ版 2019年4月3日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報