ファンキー加藤、ソロデビュー5周年ライブ「令和もめっちゃお世話になります!」

ツイート

ファンキー加藤のソロデビュー5周年記念ライブ<熱唱戦隊ゴネンジャー ~FUNKY KATO 5th ANNIVERSARY~>が、5月3日新木場スタジオコーストにて開催された。

◆ライブ画像

同イベントは、ファンクラブ限定イベントではあるもののチケットは即ソールドアウト。超満員の中、令和元年ファンキー加藤初ライブとして、最大の熱気の中でスタートした。

1曲目からソロデビューシングル「My VOICE」に収録された「リスタート」を披露し記念ライブの雰囲気を盛り上げると、最初のMCではいつもの通り「ファンキー加藤だっー!」の挨拶で場内の熱量を一気に引き上げる。続けて「本当は今年が5周年という事をすっかり忘れていました。それくらいがむしゃらに突っ走ってきた5年間でした。本当にみんながこのステージに連れてきてくれたと思っています」と、まずはたくさんのファンに感謝の気持ちを伝えた。さらに「平成もお世話になりました。令和もめっちゃお世話になります!」と絶叫。新時代も彼らしく完全熱唱することを約束してくれた。


そこからは5周年記念ライブならではのスペシャルなセットリストが並んだ。最新シングル「希望のWooh」からソロデビュー曲「My VOICE」までの全シングル曲を、最新曲から順番に遡って披露。この演出に会場のファンも即座に気付き、ファンキー加藤のソロデビューからの5年間を代表曲と一緒に振り返った。

ライブハウスに立ち昇る熱気にファンキー加藤自身も「ライブハウスって熱気が凄いですね! ここ最近はホールとかで歌わせて頂くことが多かったんですが、ライブハウスも良いですね」と話しながら「冷めた牛丼をほおばって」「走れ 走れ」と順番に遡っていく。ファンキー号CREW(ファンクラブ会員の名称)に向けて歌いますと披露した「ブラザー」では“今もあなたは僕の歌であの日のように笑ってくれますか? 届けたい、ずっと変わらないこの歌を”と言った歌詞が、今の心境とファンに対する想いがリンクしていた。


「ファンキー号CREWがいることが僕の力の源。この5年は出会いと別れだったら別れの方が多かった。でも、もう別れの言葉を聞かないように、みんなと共にデビュー10周年、20周年も迎えられるように、まっすぐ歌い続けていきますので宜しくお願いいたします。」と語り「太陽」を熱唱。最後はソロデビューシングル「My VOICE」を会場全体で歌い上げて、本編が終了した。

アンコールの声が鳴り響いている中、ステージ上に現れたのは悪役メイクをしたスタッフ。トラメガで「アンコールをやめろ!」「早く帰れ!」と来場しているファンを罵り始める。そして「ちょっと待てい!」の声とともに戦隊モノの衣装にまとった5人組が登場し、「熱唱戦隊ゴネンジャー」と叫びポーズを決める。タイトル通り、戦隊モノがコンセプトとなっているのだ。その遊びゴコロにファンはより一層ステージにのめり込んでいく。


そんな中、突然ファンキー加藤が「俺、主催でフェスをやろうかなと思っています。マイク一本で歌い続けている俺たちみたいなジャンルのミュージシャンを集めて、ここスタジオコーストで8月31日に開催しようと思います。<OUR MIC FES>です。みんながしっかりと楽しめるイベントにしようと思いますので、よろしくお願いします」と話し、大歓声を浴びる中でフェスを開催することを宣言した。同タイミングで特設サイトもオープンし、第一弾発表アーティストとしてSEAMO/ET-KING/シクラメン/ベリーグッドマン/THE BEAT GARDENら出演者も発表された。

新しい時代の幕開け一発目となった今回のファンクラブ限定イベントで、新たな挑戦として<OUR MIC FES>の開催を発表したファンキー加藤。デビュー10周年、20周年へ向けてこれからもファンキー加藤の活動は続いていく。ファンキー加藤自身も「みんなが離れたくないというようなアーティスト目指して精進します。ファンキー加藤は、令和も止まることなく一歩一歩、前に進んでいこうと思いますので、僕の背中を支えて頂けると嬉しく思います」とファンのみんなにしっかりと伝え、これからもまっすぐに、ただ実直に前に進んでいく。


<OUR MIC FES>

日程:2019年8月31日(土)
会場:新木場STUDIO COAST
第一弾発表出演アーティスト:
ファンキー加藤/ET-KING/SEAMO/シクラメン/Jam9/バカムスコ翔/ぱんち☆ゆたか/THE BEAT GARDEN/ベリーグッドマン/メロフロート(※五十音順・敬称略)
http://m.funkykato.com/r/ourmic_fes/
※チケット情報や時間などの詳細は後日発表

◆ファンキー加藤 オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス