【ライブレポート】Saucy Dog、雨の日比谷野音ワンマン「こんな平成の終わりもよくない?」

ツイート
PR

大正時代に初代会場が設立され、昭和末期に現在の会場が完成した日比谷野外大音楽堂。そんなバンドマンの聖地にて平成最後の日となる4月30日、Saucy Dogが自身最大キャパシティのワンマンライブ<YAON de WAOOON in TOKYO>を行なった。立見席まで満員の大盛況。野音の一時代の幕引きとしても申し分ない。

生憎の雨模様であったが、1曲目「真昼の月」の演奏が始まった瞬間から、晴れ間が覗いたのかと錯覚するほどの華々しさだった。石原慎也(Vo,G)は豊かな声量で切なくなりすぎない絶妙なラインのメロディーをしなやかに辿る。秋澤和貴(B)は支え役に徹して音像をしっかりとドライブし、せとゆいか(Dr,Cho)は笑顔で雄大なビートを鳴らす。どこか仄暗さも感じさせる楽曲がシリアスになりすぎないのは、天性のポップセンスやユーモアだろう。


取材・文:沖 さやこ
撮影:白石達也

<Saucy Dog Two-Man Tour「One-Step Tour」>

2019年
7月12日(金)大阪・BIGCAT
開場 18:00 / 開演 19:00
w)04 Limited Sazabys
◆チケット詳細ページ

7月14日(日)愛知・名古屋ダイアモンドホール
開場 16:30 / 開演 17:30
w)クリープハイプ
◆チケット詳細ページ

7月25日(木)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
開場 18:00 / 開演 19:00
w)SUPER BEAVER
◆チケット詳細ページ

チケット一般発売日:2019年5月18日(土)

DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス