【インタビュー】M!LK「自分たちの考えた企画で番組が進んでいくってワクワクしますよね」

ツイート

7人組ボーカルダンスユニットM!LKが、YouTubeカラオケDAM公式チャンネル「DAM CHANNEL」で新番組「M!LK LABO Powered by DAM CHANNEL」の配信をスタートさせた。メンバーが一致団結してさまざまな研究テーマに取り組むこの番組。初めましての自己紹介からスタートし、現在はメンバーそれぞれのキャラクターを引き出し合う他己紹介が配信されているが、今後はいったいどんな展開になるのか!? 今回は「M!LK LABO」の撮影スタジオにお邪魔して、収録前のメンバーを直撃。書けることから書けないことまで飛び出した、“わちゃわちゃ”のクロストークをお届けします!

■M!LKがいろんなテーマについて研究してそれを糧にしていこうという番組
■この番組を通していろんなM!LKを知ってもらいたいなって思っています


――4月25日から、M!LKの冠番組である「M!LK LABO Powered by DAM CHANNEL」の配信がYouTubeでスタートしました。まずはリーダー吉田さん、どんな番組なのか聞かせてもらえますか?

吉田仁人(以下、吉田):実は僕もまだ掴みきれていないところがあるんですが(笑)、「M!LK LABO」のLABOって研究所という意味なんです。僕らM!LKがいろんなテーマについて研究して、それを糧にしていこうという番組です。さまざまな体験が僕らの成長にもつながって行くような内容で、第4回まではすでに収録済みなんですが、これからも面白いことになりそうだなって思っているところです。

――自分たちの番組が持てるよってお聞きになった時は、どんな気持ちでした?

山中柔太朗(以下、山中):自分たちの番組を持つことは目標にして来たことのひとつだったから、すごく嬉しかったです。自分たちの考えた企画で番組が進んでいくって、ワクワクしますよね。

曽野舜太(以下、曽野):俺たちのやりたいようにやりまくろう!って感じでしたね。今まで別に抑えてきたわけではないけど、見せきれなかったものも絶対に見せていくぞって気持ちも強かったですし。

佐野勇斗(以下、佐野):そうだね。なかなか僕らのプライベートというか、素の部分を発信する場がなかったので、そういうところまで見せられるような機会をいただけたのはすごく嬉しい。

宮世琉弥(以下、宮世):僕は、笑って楽しんでいるM!LKを届けたいなって思いました。

山中:まずそこだよね。

宮世:研究テーマに全力で取り組んでいる姿なんかもファンの方に見てもらいたいし、この番組を通していろんなM!LKを知ってもらいたいなって思っています。


――とにかく個性豊かな7人ですから、結構アブナイところも出ちゃうんじゃないかなと期待しているのですが(笑)。

塩﨑太智(以下、塩﨑):あははは!でもそういうところも、自分たちの番組じゃないと出せないところですからね。

吉田:確かに。

塩﨑:だからむしろ、アブナイところに挑戦していくっていうのもいいんじゃないかなと。僕はしませんけどね(笑)。

山中:いちばんしてるよ(笑)。

吉田:初回の「自己紹介」、3分の2くらい使えなかったからね(笑)。

塩﨑:そうそう(笑)!素の部分を出していこうって言いつつ、ほとんど削られているっていう(笑)。

吉田:使えないことばかり言っちゃうからだよ(笑)。でもやっていて本当に面白いよね。みんな言いたいこと言っていて。

――板垣さんのイケメン発言に、誰も突っ込めないという展開も面白かったです(笑)。

板垣瑞生(以下、板垣):そろそろ突っ込んでくれる人間が出て来てほしいなと思っているんですけどね(笑)。

宮世:(黙って笑顔で手をあげる)

山中:いやいや、それ大げんかになっちゃうよ(笑)。

板垣:(笑)。でも自分たちの番組を持つにしても、やっぱりYouTube独特の空気感ってあるよね。タブーなことっていう意味じゃなくて、テレビではダメかもしれないけどこっちだったらやれちゃうみたいなこともあると思うし、そういうのを楽しめるのがYouTubeの強みでもあって。いろんな人が見ている理由のひとつだなって思うから、そこに乗っかれたら面白いかなって思いますよね。

塩﨑:そうだね。

――ではこれまでの流れを軽く振り返ってみたいと思うのですが、初回の研究テーマは7人それぞれの「自己紹介」。メンバー同士も知らなかったエピソードが飛び出したりもしていましたね。その後は3回に分けて「他己紹介」が行われていますが、収録はいかがでしたか?

吉田:3人、2人、2人に分かれ、お題に沿って相手を紹介していくという内容だったんだよね。

山中:チームによってかなり色が分かれていた気がします。

佐野:僕ら(佐野・宮世)はお互いを誉めあったみたいな感じ。

曽野:女の子同士でよくあるじゃないですか。「それ可愛いね」「それも可愛いよ」みたいな。

佐野:そんなじゃなかったと思うよ(笑)。

曽野:僕ら(塩﨑・曽野)はなんだろう?台本に従いました(笑)。

山中:え―っ(笑)。

塩﨑:(笑)。でもそれ台本っていうか、引いたお題について本当にどう答えたらいいかわからなかったんだよね。

曽野:塩﨑くん怒っちゃって。「ちょっとカメラ止めて」みたいな(笑)。

塩﨑:止めたけど、怒ってはないよ(笑)!

板垣:おいおい、止めたんだ(笑)。

塩﨑:ちょっとだけ打ち合わせさせてもらって、じゃあこうしましょうみたいな流れがあったんです。(この番組の収録の)初回だったから、まだそんなに話を膨らませて騒いでみたいなことにはならなかったっていう。

曽野:でも収録はすごく楽しかったです。

吉田:僕ら(吉田・板垣・山中)は…、俺、なんか板垣さんに変なこと言われた気がします(笑)。

板垣:記憶にないなぁ。

吉田:僕の足の指が、さやえんどうを潰したみたいな形になってるとか言い出して(笑)。マジ意味わかんないよ(笑)。

板垣:でも、ボケで怒ってくれる仁人くんは可愛いなって毎回思いますよ。

吉田:そこを出してくれたんだ。

板垣:そこを引っぱり出せたんで、よかったかなと。(収録の)初回からね。

吉田:いやもう、どうしようかなと思ってたけど。

板垣:え?ブチ切れてるの(笑)!?

山中:だって、さやえんどうじゃないですからねぇ。

板垣:みんなわかってるよ(笑)!

◆インタビュー(2)へ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス