ロブ・ハルフォード、携帯電話蹴り飛ばし「パフォーマンスを邪魔したらどうなるかわかったな」

ツイート

ジューダス・プリーストのロブ・ハルフォードが、5月25日の公演でオーディエンスの携帯電話を蹴り飛ばしたことについて、『Loudwire』に声明を出した。

◆ロブ・ハルフォード画像

「俺らはファンを愛しており、君らは好きなだけ撮影できるし、生身ではなく携帯電話で俺らの公演を見るのも自由だ。しかしながら、もしメタル・ゴッドのパフォーマンスを物理的に邪魔するのであれば、何が起きるかわかっただろう」

Blabbermouth.netによると、このオーディエンスはライトをつけたまま撮影し続けていたという。前列で携帯電話を使いバンドのパフォーマンスを撮影していたのは、この人物だけではなかった。

ハルフォードは、この夜6曲目の「Judas Rising」をプレイ中、歌いながら、一撃で携帯電話を蹴り飛ばした。

ジューダス・プリーストは現在、<Firepower>北米ツアー中。6月29日まで続く。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報