【インタビュー】超能力戦士ドリアン、キャッチーな楽曲と笑える歌詞のマッチングを活かしたミニアルバム

ツイート

■カッコ良い歌を歌いたいというプライドをかなぐり捨てて
■歌詞が聞き取りやすく歌うということを一番大事にしています


――「新曲初披露はムズい」のように生々しいバンド・サウンドの曲がある一方で、「お友達紹介のうた」のように打ち込みだけの曲もあるというのは面白いです。

やっさん:音楽的なことを言うと、時代はやっぱり音数が減っていますよね。その理由と、喋りが聴こえないと困るというもう一つ理由があって音数を減らしました。僕らには「天保山-TENPOZAN-」という曲があるんですけど、それもギターは一切鳴っていなくて、この曲に近いアレンジなんです。こういうのは僕らみたいな編成じゃないとできないから、継続してやっていきたいと思っています。

――ギターが入っていませんよね。ライブの時はどうするんですか?

やっさん:この曲はフリップを出しています(笑)。歌詞に出てくる友達をイメージしづらいと思うので、それぞれの似顔絵を描いて、それを出しているという(笑)。この曲はダンスとフリップ出し担当です(笑)。やっぱり音楽だけで見てもらうのはなかなか難しいから、最初はこういうフックで注目を集めたほうがいいだろうということで。

けつぷり:僕もそういうお遊びに抵抗はないので、楽しんでやっています。「お友達紹介のうた」のアレンジに関しては、とにかく歌詞に出てくる友達の名前が聴こえなかったら終わり。だから極力音は抜くことにしました。あと、今回の他の楽曲は結構音が鳴っているなというのがあって。この曲は最低限にしようと思って、ほぼキックと鍵盤だけというところまでそぎ落とした。サウンドは究極的にシンプルだけど、メロの流れにはこだわったので、聴いていて飽きないような曲にはなっているんじゃないかなと思います。

やっさん:歌うの難しかったもん。音数が少ないのにメロがすごく動いていくから。覚えるのにかなり時間がかかりました。

――音数は最小限でいながら物足りなさを感じさせない曲になっています。フックということでは、爽やかなイントロとアッパーな歌中を融合させた「ファッションマジでクエスチョン」も、今作のアクセントといえますね。

やっさん:僕は服が好きで、3人で話している時に長袖のことをあえてロングスリーブと言ったら、“なんやねん、それ”みたいなところから始まって、ファッション用語の話で盛りあがったんです。すごく楽しかったので、それを曲にしたいなと思って。Aメロのファッション用語のところだけを最初に思いついて作りだしたんですけど、これも膨らませるのがメッチャ難しくて、そこだけ作って結構寝かせていて、しばらくしてサビができて、他の“あるある”もひねり出せて、ようやく形にできました。僕は平均的な人よりも服が好きなほうなので、自分基準でファッション用語を使った歌詞を書くと伝わらない。ロングスリーブはわかるやろうけど、“こなれ感”は聞いたことがないだろうな……とか。そんなふうに、この曲の歌詞は自分基準にしない努力をしました。自分が好きすぎるテーマは、そういう難しさがあるんですよね。

けつぷり:イントロと歌中のギャップという話が出ましたけど、イントロは歌詞のテーマに合わせた感じです。“ファッション”や“オシャレ”となった時に、歪んだギターでロックで……というのは違うだろうというのがあって。僕的にはそういうもののほうが作りやすいけど、これはJ-POPな感じにしようと思ってストリングスを使うことにしたんです。いろんな音が入っていて結構苦労しましたね。やっさんに聴いてもらって手直ししてということを何回も繰り返しました。


――途中でテンポチェンジしてセリフパートにいくというアレンジもいいですね。

けつぷり:それも“オシャレ”の一環です。

やっさん:僕の中でテンポチェンジとか転調はオシャレなので。で、オシャレにテンポチェンジするんだけどセリフが入ってくるという(笑)。セリフパートのバックは、服屋で流れている曲みたいにしてほしいと言いました(笑)。

おーちくん:「ファッションマジでクエスチョン」はMVも見てほしいですね。この曲のMVには外国人の方が出ているんですけど、だいぶムチャさせたなぁという(笑)。すごいイケメンなのにノリが良かったよね?

やっさん:うん(笑)。あの人は、GATSBYのCMに出ていたりするすごい人なんです。だから、パンツのシーンをやってくれるかどうかが心配だったんですよ。それで、ちょっと仲良くなってから頼もうと思って喋っていたら“この間は下着のファッションショーに出たよ”みたいなことを言っていて、“おっ!”と思って(笑)。それで、ズボンを上げ下げするのをやってもらっていいかなと聞いたら“ああ、全然いいよ”みたいな(笑)。すごく真剣にやってくれて、本当に感謝しています。

――続いてプレイについて話しましょう。それぞれ今回のレコーディングは、いかがでしたか?

おーちくん:歌は今回に限らずいつもそうですけど、滑舌よく歌うことを意識しています。僕は滑舌が悪いほうなんです。でも、ここまで何度も話が出たように、言葉が聴こえないと意味がないバンドなので気をつけています。レコーディングの時も“ここの歌詞が聞き取りにくいから、もうちょっとはっきり歌って”みたいな注意を結構されました。ただ、滑舌よく歌うというのはカッコいい歌とは相反するところがあるんですよね。だから、カッコ良い歌を歌いたいというプライドをかなぐり捨てて、歌詞が聞き取りやすく歌うということを一番大事にしています。今回、歌の面で印象が強いのは「お腹ゆるふわガール」かな。完成形はキーを下げてもらったんですけど、最初はキーが高かった。「お腹ゆるふわガール」は苦労しつつ、いいところに落とし込めた印象があります。

やっさん:僕は「ファッションマジでクエスチョン」と「二番煎じって感じ」の歌が難しかった。その2曲は転調するんですけど、今まで転調する曲を歌ったことがなかったので、慣れるまで苦労しました。今後は転調とかもどんどん使っていきたいので、そこに向けた最初の一歩になったと思います。


▲けつぷり(Gt)

――超能力戦士ドリアンは、おーちくんとやっさんのツインボーカルも特徴のひとつになっています。ツインボーカルの振り分けは、どんなふうに決めているのでしょう?

おーちくん:ライブを重視しながら決めています。基本的に僕が歌って踊って煽ってという形なので、僕が煽りやすいところはやっさんに歌ってもらうことにしたりとか。

やっさん:最初の頃はなにも考えずにノリで分けていたんですけど、その結果ライブで苦労したりとか、“これ、どないすんねん?”という場所が結構出てきたんです。だから今はライブ前提で考えています。

けつぷり:おーちくんとやっさんのツインボーカルは、うちのバンドの大きな武器だと思いますね。ギターに関しては、僕の中にこだわりがあって。将来的には変わっていくかもしれないけど、ライブで再現できるギターにしたいんですよ。たとえば4本とか6本ギターを重ねてしまうと、それを生で再現するのは無理。それが嫌で、基本的に左右1本ずつのギターで成立させた形になっています。あとは、ギターパートは全部僕が考えるんですけど、やっさんがライブで弾けなかったりすると困るので、そういうことがないようにすることも意識しました。

やっさん:レベルを下げてもらいました(笑)。でも、「焼肉屋さんの看板で牛さんが笑っているのおかしいね」は今まで弾いたことがないリズムだったし、今回の7曲は初めて弾いたところが結構あるんですよ。今は“ライブしたくないな”と思いながら練習しています(笑)。

――「新曲初披露はムズい」のテクニカルなギターソロや「ファッションマジでクエスチョン」のBメロのタッピングをしたり、「二番煎じって感じ」のAメロの速いフレーズなど、“おっ!”と感じるギターを散りばめていることもポイントです。

けつぷり:僕のバックグランドは洋楽のハードロックやメタルなので、そういう要素を入れて自分のキャラを出していきたいという気持ちがあって。そこは2人も認めてくれていて、わりと自由にやらせてもらっています。


――『超能力戦士ドリアンの楽曲が7つ入ったミニアルバム』は、超能力戦士ドリアンの魅力や新たな顔を満喫できる必聴の一作になりました。現在は同作を携えたワンマンツアー中ですが、ここまでの手応えはいかがですか?

やっさん:とりあえず3本やらせてもらったところですけど、今回のツアーは、僕らのライブを初めて観る人やライブハウスに来ること自体が初めてという人も多いんです。そういう人達に向けて、よりわかりやすいライブをするようにしています。それはちゃんとできていると思うけど、僕はメチャクチャ“緊張しい”なので、初日の名古屋はガチガチで指が動かなかったです(笑)。ライブが終わってからも、1時間くらい左手がパワーコードを押さえた形で固まったままだった(笑)。でも、ここにきてそういうことはなくなったし、ライブの内容もどんどん良くなってきていて、ツアーを楽しんでいます。

おーちくん:初めての全国ツアーで、これまでに名古屋と新潟、仙台でライブをやらせてもらったんですね。新潟と仙台でのワンマンは初めてだし、対バンライブでも数回しか行ったことがなかったんですよ。そういう中でもお客さんが来てくれて形になって嬉しかった。今までの東名阪ツアーは毎回ソールドアウトして、パンパンの状態でライブをしてきたんです。だから、新潟と仙台のライブを経験して、全国でチケットを売り切った状態でライブができるようになりたいという強い気持ちが芽生えた。それもあって、今はよりモチベーションが高い状態で毎回ライブに臨んでいます。

けつぷり:こう言うと、ツアーの初日とかにきてくれた方には申しわけないんですけど、やっさんも言ったように、ライブを重ねることでバンドが成長しているというのがあります。セットリストやMCについて話し合ったり、ライブの合間にスタジオに入って細かいところを詰めたりしているんですよ。そんなふうに充実したツアーになっていて、このツアーを通してライブバンドとしてより強くなれると思うので、それを楽しみにしています。だから、これは本当に自分達の勝手なお願いですけど、地方でライブを観た人も、できればファイナルにきてツアーの成果を見てほしい。それが難しい人は、ぜひ次のツアーにも来てください。良かったと感じてもらえるライブをすることを約束します。

取材・文●村上孝之


リリース情報

『超能力戦士ドリアンの楽曲が7つ入ったミニアルバム』
2019年6月5日リリース
初回限定盤(CD+DVD):2,500円
通常盤(CD):1,800円
1.おいでよドリアンランド2019
2.新曲初披露はムズい
3.焼肉屋さんの看板で牛さんが笑っているのおかしいね
4.お友達紹介のうた
5.お腹ゆるふわガール
6.ファッションマジでクエスチョン
7.二番煎じって感じ
初回限定盤DVD:
2019年2月13日に心斎橋JANUSで行ったワンマンライブをダイジェスト !!
「いきものがかりと同じ編成」
「3人組のうた」
「お友達紹介のうた」
「おいでよドリアンランド」
「チャーハンパラパラパラダイス」
「天保山」
「トントン相撲しようぜ」

ライブ・イベント情報

<ミニアルバムをリリースしたので可能な限り全国を回るワンマンツアー>
7/05(金) 岡山PEPPERLAND
7/07(日) 札幌SPIRITUAL LOUNGE
7/12(金) 福岡Voodoo Lounge
7/14(日) 梅田TRAD (旧・banana hall)

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報