【鼎談】暁 [アルルカン]×千秋 [DEZERT]×来夢 [キズ]、「いずれぶつかる相手だと思ってた」

ツイート

■今回はアルルカンが冠なんで
■俺らもこの3マンでやりたいと

──逆に千秋くんは真面目な話をし出すと、冗談とか毒舌で誤魔化そうとするけど(笑)。

暁:え、そうなんですか?

──この3人の中でインタビューしてて一番理性的というか理論派なのは、来夢くんかと。

来夢:ええ、ホントに!?

暁:ああ、でも確かに。

──例えば来夢くんがインタビューで話す内容って、喋ったことそのまま文章にできるぐらい理路整然としてるんですよ。

暁:……どうやってすんの、そんなん。

来夢:いや、わかんない(笑)。

▲千秋 [DEZERT]

──そんな人が感覚と直感で話をする暁くんと、どんな話をするんだろう?って(笑)。

来夢:どんな話って(笑)。きっかけは……最初暁と話した時、すげえ真面目なことを話してるんだけど、“絶対こいつニセモノだ!”って思って。

──ははははは!

来夢:“どこまで本当に、そこまで真面目に考えてんだ?”って。それを暴いてやろうと思ったんだけど、話せば話すほど……“ヤベェ、こいつマジで悩んでる”って(笑)。そこから暁と真剣に向き合うようになったんですよ。

──逆に言うと、中途半端な気持ちじゃ向き合えない相手というか。

暁:僕がですか? そうなんですか?

来夢:だから真剣には向き合うんですけど、彼の考えてることと俺の考えてることって交わる部分が少なくて。なので話を聞いてても“あぁ、そういう考え方もあるのか”で終わっちゃう。それに異議を唱えることもなく。

──その会話って……楽しいのか(一同笑)?

来夢:だから僕の中では宇宙人と会話してるくらいの異文化交流って感じ(笑)。

千秋:キミ、ボロボロやん(笑)。

暁:いや、それでも俺はむっちゃ楽しくて。

来夢:俺も普通に楽しいですよ(笑)。

▲DEZERT

──つまり、暁くんとサシで真剣に話ができたり一緒にプールに行ってくれるような仲間に声をかけたイベントだと(笑)。

暁:僕はDEZERTとキズと一緒にイベントしたいなーって単純に思って。そうしたら千秋が「今までキズには呼ばれたことがないんだ」って言ってて。

千秋:いや、キズはウチらが声かけても出てこないんですよ(笑)。いずれキズとは交わることになるだろうと前から思ってたんで、誘ったことがあって。そうしたら断わられたんですよ。「イヤだ」って。

──「イヤだ」とは言ってないでしょ(笑)。

来夢:言ってない言ってない(笑)。

千秋:でも今って、あんまりカッコいいバンドがいないじゃないですか。だから、いずれキズとは絶対交わるだろうし。でも誘ったらちょっとイヤそうな反応が返ってきたんで、じゃあ俺もイヤだって言いそうになったタイミングでこの話があって。「なんだ、3マンならやるんかい!」と(笑)。たぶんウチらじゃなくてアルルカンが冠だからやるんですよ。

──……っていう話をさっきから来夢くんに向かって言わず、全部こちらに向かって言ってるところが千秋くんの弱点かと(一同笑)。

千秋:ま、人見知りなんで(笑)。あ、でもキズのギタリスト(reiki)とは昔話したことありますよ。あいつ、ハンパないっすよ。俺らより若くて面白いヤツなんですけど、話してる間ずっとタメ口なんですよ。「え、タメ口? タメ口なの?」「あ、ごめーん、タメ口やねん!」って。そこがすごく面白くて。

──来夢くん、今の話を聞いてどう思う?(笑)。

来夢:あ、やっぱり今まで断ってて良かったなって(一同笑)。

千秋:両方のバンドを知ってる人から言われたのが、「千秋さんと来夢くんはタイプが似てるようで似てないから、ぶつかるかもしれない」って。でも今回はアルルカンが冠なんで、俺らもこの3マンでやりたいと思って。

──DEZERTもキズもクセの強いバンドだから、そう簡単には交わらないだろうって思ってたんですけど、それを繋げたのがアルルカンであり暁くんであり。

暁:テッテレー!

来夢:僕らもよくお客さんから「DEZERTとやってくれ」って言われるんですけど、言われれば言われるほど「やらん!」って(笑)。そういうバンドとの出会い方って、そこに至るストーリーがけっこう大事だと俺は思ってて。適当なバンドだったらどうでもいいですよ? だけどいずれ絶対どこかでぶつかる相手だと思ってたんで。

──それだけ、お互いのことを意識してたってことですよね。

千秋:だから本当は交わるのはもう少し後でも良かったかもしれない。でも、今回こういう機会があったし、しかも当日だってそんなに交わることはないような気がする。それはアルルカンが冠のイベントだし、俺らは俺らでいつも通りやるし、キズもたぶんそうだし。

◆鼎談【3】へ
◆鼎談【1】へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報