【ライブレポート】MAMAMOO、日本1stアルバムを引っ提げた来日ツアーファイナル

ツイート

MAMAMOOのツアー<MAMAMOO 2nd Concert Tour in JAPAN: 4season Final>が、8月13日(火)、大阪・Zepp Osaka Baysideにてファイナルを迎えた。

◆MAMAMOO 写真

2019年6月19日にデビュー5周年を迎えたMAMAMOOは、4月に行われた韓国公演を皮切りに、シンガポール、台湾公演を経て来日。8月11日(日)に神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール、13日(火)に大阪・Zepp Osaka Baysideにて来日ツアー<MAMAMOO 2nd Concert Tour in JAPAN: 4season Final>を開催した。同ツアーのファイナル大阪公演のライブレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

オープニング映像で4人が紹介されると客席は一気に盛り上がった。ミニアルバム『4season 4color Project』の、それぞれのメンバーカラーを象徴する“Yellow・Blue・Red・White”4色の衣装を着て登場すると、さらに客席からは大歓声が上がった。


オープニングを飾った曲は、『Yellow Flower』に収録されている「Starry Night」。ディープハウスを組み込んだ、落ち着いた中にも元気の良さを感じさせる曲で、YouTube視聴回数も約5,600万を突破しているMAMAMOOのメインの一曲である。

今回のムムたち(MAMAMOOファンの呼称)は、日本からだけではなく、香港、シンガポール、中国、インドネシアなどアジアからの多数のファンがたくさん集まり、会場は多く盛り上がった。

8月7日(水)に日本でリリースされたアルバム『4colors』のリード曲「gogobebe -Japanese ver.-」を歌唱すると“ゴゴベベ!”と掛け声が始まり、会場は一気に熱くなった。この曲は、発売と同時に韓国をはじめ香港、インドネシア、モンゴル、シンがポールなど11カ国のiTunes総合アルバムチャートで1位になった曲だ。「今回始めてMAMAMOOのコンサートに来てくださった方?」とムンビョルが聞くと、4割以上の方々が手を上げた。韓国、アジア圏、南米圏で人気がますます上昇しているMAMAMOOの人気を実感できる場面であった。


ライブの後半になると、日本のムム達からもたくさんのリクエストがあった、メンバーひとりひとりのソロステージが幕を開けた。日本でソロステージを披露したのは、今回が初めてである。アルバム『4colors』に収録されている「HELLO」(ソラ、ソロ曲)、「SELFISH Feat. Seulgi of Red Velvet」(ムンビョル、ソロ曲)、「25」(フィイン、ソロ曲)、「Be Calm」(ファサ、ソロ曲)を順番に披露した。


MAMAMOOと言えば、先日韓国の授賞式MGMAでも「ボーカルアーティスト部門」で受賞するほど、韓国一の歌唱力を誇るガールズグループである。プロデューサーのキム・ドフンは以前インタビューで彼女たちについて「全員が生まれつきの動物的な感覚をもっている」と語っていた。高い歌唱力と堂々としたパフォーマンスは韓国の音楽業界での評価も高い。MAMAMOOは、デビュー当時から保持していた音楽業界からの高評価に加え、アイドル層のファンをも男女問わず獲得して、今では韓国を代表するトップグループに成長している。


アンコール1曲目では、日本語のカバー曲「涙そうそう」を披露した。2019年2月の来日公演で披露した「涙そうそう」のライブを見た多くのファンからの反響に応えるかたちで、アルバム『4colors』にも新録されることになった。MAMAMOOの4人での「涙そうそう」は、4人それぞれの特色のある声で、切ない曲の雰囲気を感情的に表現している。歌が始まると会場は一気に静かになり、涙を堪えているムム達も多数いたほどだ。

アンコール最後の2曲は、MAMAMOOのデビュー曲「Mr.Ambiguous」、そしてラストには、韓国での1stアルバム『Melting』収録曲「You're the best」で盛大に締めくくった。

写真◎@JJearry Kwon

   ◆   ◆   ◆

■<MAMAMOO 2nd Concert Tour in JAPAN: 4season Final>

(※K-Fes出演を含む)
■2019年8月11日(日)会場:神奈川・パシフィコ横浜国立大ホール
主催:bayfm / Fm yokohama

■2019年8月13日(火)
会場:大阪・Zepp Osaka Bayside
主催: KISS Entertainment, Inc. / RBW JAPAN, Inc.

■日本1stアルバム『4colors』

2019年8月7日(水)発売
■初回限定盤A:

▲『4colors』初回限定盤A


VIZL-1623 / ¥4,630(+税) CD+DVD
・2018年10月と2019年2月のコンサートの模様を収録したDVDを附帯

■初回限定盤B:

▲『4colors』初回限定盤B


VIZL-1624 / ¥4,630(+税) CD+豪華装丁ブックレット
・「4Season 4Color Project」の写真、ライブ写真などで構成された豪華装丁ブックレット(40ページ予定)を附帯

■通常盤:

▲『4colors』通常盤


VICL-65231 / ¥2,778(+税) CDのみ

<CD収録曲>※全形態共
1. Starry Night -Japanese ver.-
2. Be Calm ※ファサ、ソロ曲
3. Egotistic -Japanese ver.-
4. SELFISH Feat. Seulgi of Red Velvet ※ムンビョル、ソロ曲
5. Wind flower -Japanese ver.-
6. HELLO ※ソラ、ソロ曲
7. gogobebe -Japanese ver.-
8. 25 ※フィイン、ソロ曲
9. Decalcomanie -Japanese ver.-
10. You Don’t Know Me ※Japan Only Song
11. Sleep Talk ※Japan Only Song
12. 涙そうそう

<配信情報>
■アルバム『4colors』
音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサイトにてより配信中!
※対応ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music
https://jvcmusic.lnk.to/MMM_4colors

この記事をツイート

この記事の関連情報