【詳細レポート】氷川きよし、20周年&バースデーの大阪城ホール「愛を歌うために生まれてきた」

ツイート


9月6日、氷川きよしのデビュー20周年を記念したコンサート<デビュー20周年記念コンサート~あなたがいるから~in大阪城ホール>が大阪・大阪城ホールにて開催された。同会場では初の単独公演、そして公演当日が42歳の誕生日ということもあり、昼夜2公演で計1万6000人のファンが集結。メモリアルイヤーを祝う公演は7月に東京・日本武道館でも開催されていたが、この日は前回以上に気合に満ちた歌唱でファンを圧倒した。

開演時刻を少し過ぎたころ、場内が暗転すると雷鳴が轟くなかダンサーたちが怪しげに舞う。迫力満点の映像が映され、スモークが立ち込める会場はまるでファンタジー映画やRPGゲームの世界にでもいるような荘厳な音楽が流れ、これから何が起こるのか…観客らはただ静かにその時を待っていた。そしてステージ奥にある大きな扉が開き、氷川きよしが登場! そのままステージから伸びる花道中央へ進むと、グリーンカラーに煌めく洋装に黄金色の登り龍を纏い、未発表曲「龍翔鳳舞」を披露。小節をきかせた雄々しい歌唱、優しくもしっかりと前を向いた歌詞を持つ楽曲だが、歌唱中もステージはどんどんと高さが上がり、なんとステージ上5mの高さに! 龍の尾をイメージしたドレスのトレーンは長さ20m近くあり、ひらひらと舞う様も優美で、タイトルをそのまま体現したステージに会場からは大きな拍手が届けられる。

[氷川きよしの写真(24枚)・記事の続きを読む (全日本歌謡情報センター)]

<氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜 Vol.19>

12月11日・12日 東京・国際フォーラム
チケット一般発売:11月9日

氷川きよし『大丈夫/最上の船頭』D・E・Fタイプ

2019年8月27日発売
「大丈夫」作詩:森坂とも / 作曲:水森英夫 / 編曲:石倉重信
「最上の船頭」作詩:松岡弘一 / 作曲:水森英夫 / 編曲:伊戸のりお

【Dタイプ】
COCA-17664 / 1,204円+税
C/W「あなたがいるから」
作詩・作曲:塩野雅 / 編曲:野中“まさ”雄一

【Eタイプ】
COCA-17665 / 1,204円+税
C/W「カシスソーダを飲みながら」
作詩・作曲:永井龍雲“編曲:萩田光雄

【Fタイプ】
COCA-17666 / 1,204円+税
C/W「きよしの令和音頭」
作詩:かず翼“作曲:桧原さとし“編曲:矢田部正



この記事をツイート

この記事の関連情報