【インタビュー】THE FOREVER YOUNG、濁りのないピュアな感情を凝縮した疾風怒涛のパンクアルバム『ビューティフルユース』

ツイート

■3人になって初めてのフルアルバムだから
■次のツアーでは嘘のないTHE FOREVER YOUNGであり続けたい


――レコーディングはどんな感じで進めていったんでしょうか。

オガワ:以前はうるさいときはハイハットで“ガシャッ”っとうるさい音を鳴らすとかいう部分があったんですけど、今回はあまりそれをやりすぎないようにしようと思っていました。俺のパターンがあって、シンガロングするときはハイハットをオープンにしてガーっと行くことが多かったんです。今回はシンガロングする曲が多めで、8ビートのシンガロングするところはライドシンバルでちゃんと鳴らすとか、そういうところは意識してやりました。その結果、シンガロングがあって、その裏でちゃんと刻みがあることで聴きやすくなったと思うんです。それは今回やってみてよかったところです。

――「ファンファーレ」は新境地なんじゃないですか?

オガワ:これは、ドラムに限らず全体的に新境地ですね。2つのギターが絡んでいる部分があったり、今までになかった感じの曲になりました。

タカノ:「ファンファーレ」のギターはすごく考えたので好きですね。メロもめちゃくちゃ良いと思いますし、その良いメロがあってこそのギターの絡みだと思うので。メロを活かして上手い感じにできたと思います。

オガワ:間奏でギターの旋律が絡んで徐々に駆け上がって行くところが、この曲の中で一番良いところだと思います。

クニタケ:僕もこの曲は結構好きなんです。この曲はバランスを考えて“こういう曲がほしいね”って言って最後の方でメロディを考えたんですよ。それで作ったときに“なんだこりゃ!ヤベえな”って思いました。曲の中でギターも歌ってるというか全体的にそういう感じなので、ギターもメロディも引き立つというか。お互いに良い関係で一番良く出来ているのが「ファンファーレ」だと思います。

――アルバムのオリジナル曲は全部新曲ですけど、ライブでは既に披露しているんですか?

クニタケ:いや、まだほとんどやっていないです。

オガワ:「一生青春突撃宣言」だけ、<ミッドナイトライナー発売記念ライブ>の久留米でやりました。

――「一生青春突撃宣言」ってタイトルをつける人はなかなかいないですよね。

クニタケ:そうですよね(笑)。これは何か宣言をしたいと思っていたので“〇〇宣言”にしたくて付けたんです。


――「あの街へ帰れない」も決意表明、宣言の曲に聴こえます。

クニタケ:「あの街へ帰れない」というのはいつものことなんです。良くないライブをしたりとかダメな結果なまま地元に帰っても待ってる人に申し訳ないので。そういうことだと思います。

――フルアルバムを携えての<ビューティフルユースツアー>では、全国で待っている人にどんなライブを見せたいですか。

クニタケ:観に来てくれる人を増やしたいですね。ツアーに向けて違うことをやってやろうとは思っていないです。ただ、前より激しくて速い曲が多いのでスタミナをつけておこうとは思ってます(笑)。今の曲たちと新曲を混ぜてやったらもっとグチャグチャになるなって想像できるので。素敵な空間を作れるようにスタミナをつけます。

――ライブを観たときに思ったんですけど、お客さんが暴れるときは暴れるし聴くときはちゃんと聴くっていうメリハリがはっきりしていてすごいですよね。

クニタケ:昔だったら速い曲をやってからゆっくりな曲をやると“早くモッシュしてえ”という殺伐とした雰囲気になったんです。でも今は、ミドルテンポの曲でさえダイブする奴はするし、ゆっくりした曲はグッと聴いてくれている人が大半なので。別に何も言ってないんですけど、みんなでそういう空間を作れているんじゃないかなって。それは僕たちも観にきてくれる人たちも。

――別にライブを壊そうとしてやってるわけじゃないですもんね。

オガワ:う~ん、どうですかね?

一同:(笑)。

オガワ:ステージに上がってくる奴って何を考えてるんだろって思いますけどね。

クニタケ:マイクジャックされるのって好きじゃないんですけど、でもステージに上がってくる奴、泣いてるんですよ。それで僕のマイクを取って歌ってたりすると“ああ、いい奴だな”って思いますね。そういう奴しかいないです。一緒にカラオケに行ってやろうかなって思うぐらい(笑)。面倒くせえけどいい奴だなって。


――どうしてそんなに泣くんだと思いますか?あんなに激しいライブなのに。

クニタケ:たぶん優しいからだと思いますね。日頃色んなことを我慢して、僕たちのライブぐらいしか発散するところがないぐらい溜め込んでいる奴だと思うので。僕もそう。あまりプライベートでは感情を表に出すことができないので。例えば酒を飲んで朝方1人になって泣いてしまうとか。そういうこともあるので感覚が似ているんじゃないかなって思います。

――タカノさんは、もともとファンだったわけですから、そういう感覚はよりわかるのでは?

タカノ:そうですね。僕もライブを観て泣いてたので。僕はステージに上がってはいないですけど(笑)。ちょっと離れた場所で観ながら泣いていました。

――そういう人が今、ステージに立っているというのはすごいことですね。

クニタケ:そうですよね。ジュンスケはそのときと変わらない気持ちでステージに立っていると思うんですよ。泣きながらライブしたりしているので。曲に入り込む気持ち、陶酔する気持ちというのは今も変わらないと思うし、あのときと変わらないまま成長したんじゃないかと思います。3人になって初めてのフルアルバムだから、次のツアーでは嘘のないTHE FOREVER YOUNGであり続けたいです。

オガワ:短い曲が多いのでツアーでは単純に曲数が増えると思うんですけど、そうなると今のライブを越えてより激しくなりそうだなって想像して楽しみですね。

――オガワさんは普段、ライブに向けて体力作りとかしているんですか?

オガワ:「コロコロ」をやっています。

クニタケ:腹筋ローラーね。

オガワ:でもそれは体力作りとかじゃないんですけど(笑)、最近ステージで後半ぐらいからTシャツを脱いじゃうようになっちゃって。

クニタケ:それで、意味がわからない動きばっかりしていて。僕は前を向いているからわからないですけど、前に出てきて横でパラパラみたいな踊りをしていて。こっちはガチで歌ってるのに(笑)。

――曲が始まると慌ててドラムに戻るという(笑)。最近それがヒートアップしてるんですか?

オガワ:それは、自分の中でちゃんと考えてやってるんですけど(笑)。でもやりすぎると“次何やるんだろう?”って思われても面倒くさいので。そこは自分が楽しむためのことというか。コロコロは脱いだときにだらしない体をしていると嫌なので、そのためにやっています。『ビューティフルユース』なんで、美しいところを見せられるように(笑)。がんばります。

タカノ:新しい曲を早くやりたいですね。シンガロングできる曲が多いので、一緒に歌ってほしいです。

クニタケ:いつも通り変わらないTHE FOREVER YOUNGをやるので、色々溜め込んで来てほしいです。一番気持ちが落ち込んでるときとか不安なときに、僕たちのライブに来てほしいですね。そうしたら、たぶん明日もがんばれる活力を渡して帰らせることができると思うので。ライブに遊びに来て欲しいです。

取材・文:岡本貴之

■フルアルバム『ビューティフルユース』

2019年9月11日発売
VPCC-86283 2,500円+税
01.TO THE END
02.あの街へ帰れない
03.笑っていようぜ
04.くそったれ
05.アイラビュベイビー
06.ハートビート
07.心の旅
08.サヨナラにさよなら
09.ファンファーレ
10.一生青春突撃宣言

■<ビューティフルユースツアー2019>

09月25日(水) 仙台enn2nd
09月26日(木) いわきSONIC
09月28日(土) 千葉LOOK
09月29日(日) 横浜B.B.STREET
10月01日(火) 神戸太陽と虎
10月11日(金) 札幌BESSIE HALL
10月16日(水) 高松sound space RIZIN
10月17日(木) 大阪BRONZE
10月19日(土) 名古屋UPSET
10月20日(日) 甲府KAZOOHALL
10月22日(火) 岐阜ants
10月23日(水) 静岡UMBER
10月25日(金) 渋谷O-WEST
11月08日(金) 福岡Queblick


◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報