故クリス・コーネルの娘、父プロデュースの楽曲をリリース

ツイート

故クリス・コーネルの娘、Toni(15歳)が、今週、「Far Away Places」という曲をリリースした。曲は彼女が12歳のとき作詞作曲し、2017年2月、コーネルが亡くなる3ヶ月前にマイアミにあるホーム・スタジオで、コーネルのプロデュースのもとレコーディングされたそうだ。

◆「Far Away Places」音源、画像

タイプは違うが、Toniは父親譲りの優れた歌唱力を披露している。「Far Away Places」の収益は、New York Society for the Prevention of Cruelty to Children(ニューヨーク児童虐待防止協会)へ寄付するという。



Toniは先週、15歳の誕生日を迎えたばかりで、コーネルのTwitterには「お誕生日おめでとう」と、彼の楽曲「Only These Words」をバックに父と娘の写真を流す動画が投稿されている。



Toniは2017年8月、アメリカのモーニング・ショウ『Good Morning America』で生中継されたワンリパブリックのライブ・パフォーマンスに参加し、父とチェスター・ベニントンを追悼してレナード・コーエンの「Hallelujah」を歌ったり、昨年の父の日には、生前録音した父とのデュエットを公開していた。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報