ロブ・ハルフォード「君らを喜ばせ、悲しませ、怒らせる」自伝は来年終わりに出版予定

ツイート

ジューダス・プリーストのフロントマン、ロブ・ハルフォードが、現在取り掛かっている自伝について語った。2020年終わりに出版できればと考えているそうだ。

◆ロブ・ハルフォード画像

ハルフォードは「全てを開示しないのであれば、本を出す意味なんてないと俺は思ってる」と、『Ultimate Classic Rock』に話した。「俺は今、ずっと素面の状態だから、多分、これまでになく自分自身について正直で真実を見極めることができている」

「自伝ではなく、回想録のようなものにしたいんだ。君らにしたら、“あんまり興味ないな”って部分もあるだろう。同時に、“オー・マイ・ゴッド、そんなことしてたなんて知らなかった!”って部分もある。でも、君らをハッピーにするはずだ。悲しくなるとこもあるだろう。怒りを感じるところもあるだろう。衝撃も与える。そして、君らの人生と共感できる部分がたくさんあるはずだ」

今はマッピングをしている状態で、2020年終わりには出版したいと考えているという。

自伝の執筆、ジューダス・プリーストの活動と忙しいはずの彼だが、今月18日には、家族、友人たちと制作したクリスマス・アルバム『Celestial』もリリースする。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報