【イベントレポート】相葉雅紀&二宮和也、嵐メンバーの住所は「まだ教えてもらってない(笑)」

ツイート

嵐の相葉雅紀、二宮和也が10月28日、都内で行われた日本郵便「年賀状 新CM発表会」に登場した。

◆イベント写真

嵐は日本郵便株式会社の年賀状コミュニケーションパートナーを5年間務めており、11月1日(金)から新CMが全国で順次オンエアされる。本日のイベントではこのCMが解禁されたほか、「一言が、愛になる。」という2020年用年賀状のキャッチフレーズも発表となった。

今回のCMでは、嵐のメンバー5人がそれぞれのシチュエーションで、年賀状を巡って大切な人の“想い”や“手ざわりのある気持ち”を感じる様子が描かれている。セリフなしで表情だけの演技、しかも撮影を止めずカメラを回し続ける「長回し」で撮影されたことにより、メンバーの温かな人柄を感じられる映像に仕上がっている。


相葉雅紀、二宮和也の2人はCMを見て「短い中にも訴えかけるメッセージがある。年賀状書きたくなる、沁みました」「大人っぽい」とコメント。2人もアットホームさにこだわったセットの中で、実際に自分が年賀状を書くときのことや、受け取ったときのことを思い出しながら撮影したそうだ。

年賀状についても、相葉雅紀が「相手のことに想いを馳せる時間が大切。もらった人も、手書きの文字が嬉しかったりする」、二宮和也が「最近ってフルネームや住所まで知らない付き合いが主流になっている中で、一歩深い仲の人たちのやりとりという感じがして素敵」と述べるなど、CMの撮影を経てさらに想いを深めた様子だ。

SNSによるコミュニケーションが増えている現代において、「“連絡先教えて”はあっても、“住所教えて”はなかなかないよね」という二宮和也に対し、相葉雅紀が「(メンバー)みんなからまだ住所教えてもらってない(笑)」と秘話を暴露する場面も。今は年賀状は事務所を経由しているという。相葉は「これを機に聞きます(笑)」と述べていたので、これからはCMのように自宅でメンバーからの年賀状を受け取るのかもしれない。


そんな2人が2020年の年賀状に書きたいメッセージは、「今年こそマラソンしたい!(相葉雅紀)」「令和もよろしくお願いします。(二宮和也)」。相葉雅紀のメッセージを見た二宮和也は「抱負じゃん!」とすかさずツッコミを入れるが、相葉雅紀も二宮和也のメッセージに「ズルくない!?」と苦笑。相葉雅紀は毎年実現できていない抱負を年賀状で宣言して叶えたい、二宮和也は世の中の全員に送れる言葉ではあるが、受け取り手によって“二宮をどう捉えているのか”がわかって面白い、という意図があるようだ。

最後に相葉雅紀から「年賀状はたった一言でも想いを感じられるものだと思いますので、ぜひぜひ大切な人と想いを手触りで伝えあって欲しいなと思います」、二宮和也から「SNSだとタイムレスに(メッセージを)送れるといういい点がありますが、年賀状は一年に一回しか送れないものなので想いを感じられる。手触りが伝わるように年賀状に一言添えたいなと思っております」との言葉が送られ、本日のイベントが締めくくられた。

■CM情報

タイトル:
年賀状「一言が、愛になる。」篇(30秒)
年賀状「一言が、愛になる。/大野さん」篇(15秒)
年賀状「一言が、愛になる。/松本さん」篇(15秒)
年賀状「一言が、愛になる。/相葉さん」篇(15秒)
年賀状「一言が、愛になる。/二宮さん」篇(15秒)
年賀状「一言が、愛になる。/櫻井さん」篇(15秒)

出演:嵐

オンエア開始日:2019年11月1日(金)
オンエア地域:全国
この記事をツイート

この記事の関連情報