『ボヘミアン・ラプソディ』でメアリーを演じたルーシー・ボーイントン、今度はマリアンヌ・フェイスフルに

ツイート

マリアンヌ・フェイスフルのバイオグラフィ映画が制作されることとなり、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーのソウルメイト、メアリー・オースティンを演じたルーシー・ボーイントンがマリアンヌ役の候補に挙がっているそうだ。

◆マリアンヌ・フェイスフル画像

関係者が『DEADLINE』に明かしたところによると、ボーイントンは主役だけでなく、エグゼクティブ・プロデューサーを担うことも検討しているという。撮影は来年夏に始まる予定らしい。

名家に生まれたマリアンヌは、修道院で育ち、17歳で結婚するも、ザ・ローリング・ストーンズとの出会いをきっかけにショー・ビジネスに足を踏み入れ、成功、転落、復活と、文字通り波乱万丈の人生を送ることになった。映画化するのであれば、マリアンヌ本人が深く関わり、丁寧に描いてもらいたい。



マリアンヌは現在、パリ在住で、2年前、キース・リチャーズと久しぶりに再会。キースがその写真をSNSに投稿し、話題となった。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報