【ライブレポート】ATEEZ、日本デビュー発表のステージで期待値を証明

ツイート


2018年10月に韓国でデビューし、その直後に開催した北米・ヨーロッパでのワールドツアーを即完させた規格外のニューフェイス、8人組ボーイズグループATEEZが、11月2日(土)に神奈川大学の学園祭に出演した。ATEEZにとって初の学園祭への出演でもあったこの日は、日本デビューも発表するなどメモリアルな1日となった。

  ◆  ◆  ◆

<ATEEZ JAPAN STARTING LIVE>と銘打たれたこの公演には、彼らの注目度の高さを物語るように若い女性を中心に約1,500人が詰めかけた。その盛り上がりは、学祭の実行委員の予想も遥かに斜め上を行くほど。今回は、メンバーのMIN GI(ミンギ)が体調不良のため来日できず、また、JONG HO(ジョンホ)は足首の負傷から椅子に座ってボーカルに集中していたが、ATEEZの多彩な魅力を伝えるステージに観客は熱狂した。



韓流イベントのMCとしておなじみの古家正亨と、実行委員に呼び込まれて登場した7人は、扇動的なエネルギーを放ち重低音が響く最新曲「WONDERLAND」のクールなパフォーマンスで早くも会場を魅了した。息を呑むほどダイナミックなステージから一転、「お久しぶりです!」という日本語での第一声ののちにMCコーナーへ移ると、ATEEZの様々な魅力を各メンバーが愛嬌も交えてアピールしていった。「どんなダンスもかっこよく踊ります」と宣言したSEONG HWA(ソンファ)は、TWICEの「Dance The Night Away」のキュートな振りをやってみせて笑いを誘い、「ATEEZは息がぴったりです!」と述べたWOO YOUNG(ウヨン)はSAN(サン)とBTSの「FAKE LOVE」のダンスの一部を披露して有言実行してみせた。また、すばらしいハイトーンボイスを誇るJONG HO(ジョンホ)は中島美嘉の「雪の華」を歌い、鳥肌ものの美声を響かせた。





このMCのターンののち、「僕らのスイートな面を見せます」と曲紹介してパフォーマンスしたミディアムテンポでR&B調の「Light」では、ATEEZの表現の振れ幅の大きさを実感させられた。一方で、鮮烈でセクシーなナンバー「Say My Name」「HALA HALA (Hearts Awakened, Live Alive)」を立て続けにパフォーマンスした際には、迫力のステージングで観客を圧倒。さらに、日本でのリリースイベントの際に生まれたという「Sunrise」を披露すると、その前向きなメッセージで会場にヒーリングを与えもした。彼らが発表してきた楽曲群は、本当に充実している。だがさらに驚くのが、この日披露された楽曲以外にも、ATEEZには「Pirate King」「Treasure」「WAVE」といった代表曲がすでにあることだ。彼らに大きな期待が寄せられているのも当然だろう。

▲HONG JOONG

▲SEONG HWA

▲YUN HO

イベントの序盤では、メンバーから多少の緊張が感じられたものの、後半のトークコーナーではフランクなやりとりが広がっていた。「敢えて選ぶとしたらATEEZの魅力は歌 or ダンス」「休日は家にいる or 出かける」「日本で食べたいのはラーメン or 牛丼」といった絶妙な質問に、メンバーはしっかり思案しながらもとても楽しげに解答し、また、彼らの中では日本のお団子人気が高いことなども明かされた。ステージパフォーマンスと実際のキャラクターのギャップも、大きな魅力の一つとして目に映った。

▲YEO SANG

▲SAN

▲WOO YOUNG

▲JONG HO

そして終盤のMCで、12月4日に日本デビューアルバム『TREASURE EP.EXTRA:Shift The Map』をリリースすることをリーダーのHONG JOONG(ホンジュン)が発表。泣いて喜ぶファンの姿もあった。「<KCON>(今年5月開催)で初来日してから、こんなに早く日本でデビューできるのはATINY(ATEEZファンの総称)のおかげです」と、HONG JOONGは感謝の気持ちを述べ、またWOO YOUNGは、これまで韓国で発表してきた楽曲のリミックスや、「UTOPIA」「AURORA」の日本語ver.などが収録されることを明かした。

会場を包む祝福ムードに輪をかけるように、ドラマティックなナンバー「UTOPIA (Japanese Ver.)」を世界初披露し、ステージを閉めくくったATEEZ。日本デビューを発表してみて、「ドキドキ、ワクワクしています」と彼らは語っていたが、それはリスナーも同じだ。それぞれに実力と個性のあるメンバーが集結したハイレベルなグループであることを証明した今回のステージは、今後の活動に一層の期待を呼ぶこととなった。

なお、2019年12月に都内でJAPAN 1st Album『TREASURE EP.EXTRA:Shift The Map』発売記念イベントの開催が発表されており、さらに2020年4月には東京と大阪にて、初の日本コンサートとして<ATEEZ World Tour The Fellowship: Map The Treasure>の開催も決定している。ぜひ、この機会に彼らを目撃してほしい。

取材・文=堺 涼子(BARKS)
撮影=斎藤 大嗣

  ◆  ◆  ◆

■<ATEEZ World Tour The Fellowship: Map The Treasure>

2020年4月2日(木)、4月3日(金) Zepp Osaka Bayside
2020年4月5日(日)、4月6日(月) Zepp Tokyo
※会場への問い合わせはご遠慮ください

■Japan Debut Album『TREASURE EP.EXTRA:Shift The Map』

2019年12月4日発売
Type-A【CD+DVD】 ¥4,000(taxin)
アナザージャケット(全8種) トレカ封入(全9種)封入

Type-Z【CD】 ¥3,000(taxin)
トレカ封入(全9種)

ATINY盤【CD+DVD】FC限定盤 ¥5,000(taxin)
豪華仕様・ブックレット付
※ATINY盤はATEEZ JAPAN OFFICIAL FANCLUB有料会員の方限定でご購入いただけます。

【収録内容】
CD
1. Hearts Awakened, Live Alive (Expression Revisited)
2. HALA HALA (Traditional Treatment Mix)
3. Pirate King (Overload Mix)
4. Treasure (Soothing Harmonies Mix)
5. UTOPIA (Japanese Ver.)
6. Say My Name (Flavor of Latin with Juwon Park)
7. ILLUSION (Chillin’ With BUDDY Mix)
8. WAVE (Ollounder’s Bold Dynamics Mix)
9. AURORA (Japanese Ver.)
10. Twilight (Classic BUDDY Mix)
11. Promise (Notation from Señor Juwon Park)

DVD/Type-A
・UTOPIA (Japanese Ver.) Music Video+Making Movie

DVD/ATINY盤
・ATEEZ Special Movie IN JAPAN

<特典内容>
・タワーレコード(オンライン含む):タワーレコードオリジナルB3ポスター
・HMV(オンライン含む):HMVオリジナルB3ポスター
・TSUTAYA (TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ):TSUTAYAオリジナルB3ポスター
・Amazon.co.jp:デカジャケ(ジャケット絵柄24cm×24cm)

※特典絵柄は後日発表いたします。
※一部お取り扱いのない店舗もございます。特典の有無の詳細は各店舗までお問い合わせ下さい。
※イベント予約、購入分はこちらの店頭特典対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。


この記事をツイート

この記事の関連情報