Minilogue、Son Kiteとしても絶大な人気を誇るマーカス・ヘンリクソンが、新年に繰り広げるミュージカルジャーニー

ツイート

セバスチャン・マーレイと共に行ってきたMinilogue、そしてSon Kiteとしての活動でも世界的な人気を誇るマーカス・ヘンリクソンが2020年1月4日に開催される<Liquid Drop Groove>に登場する。Kuniyuki、DJ Josko、Yutaといったラインナップが2020年の新年をカラフルに彩る。

マーカス・ヘンリクソンはMinilogueやSon Kiteとしてよく知られているだろう。マーカスは1993年にDJとして音楽のキャリアをスタートした。当時はレイヴカルチャーに恋に落ちていたのだ。1999年以来、6枚のアルバムと80枚以上のシングル、そして世界中をツアーしてきた。カール・アクセル・ビスラー、システム7、マシュー・ジョンソン、セバスチャン・マーレイなどのミュージシャンともコラボレーションを重ねてきた。

マーカスの作品はカラフルであり、トライバルであり、サイケデリックであり、ヒプノティックでもある。彼の作品の特徴として、音楽の持つバイブレーションが聴く者を心の中の旅へと誘う。音楽がリスナーを心の内面へ連れて行くような風景やイメージを描き出すのだ。それはスタイルやトレンドによって縛り付けられるようなものではない。真のエレクトロニックダンスミュージックは自然の本質と結びついており、音楽が精神を歓喜しインスパイアしてくれるのだ。

<Liquid Drop Groove>はYutaが率いる異端のテクノレーベルだ。もともとレーベル立ち上げの構想段階からマーカスとの親交があり、2016年9月に放送されたDOMMUNEのスベシャル番組と、八丈島のテイクオフパーティにてマーカスをブッキングすることで狼煙をあげた。2019年の6月にはAlien RainとPsykをダブルヘッドライナーに迎えて3周年パーティを開催し成功を収めたことも記憶に新しい。

まさに原点回帰とも言える両者の再会となる本イベントは、<Liquid Drop Groove>が創り上げる“一雫が水面に創造する波紋のような音と空間”、そしてマーカス・ヘンリクソンが繰り出すサウンドが、気持ち新たな新年に相応しい、あなたの魂をインスパイアするミュージカルジャーニーとなるだろう。


<- Marcus Henriksson at Liquid Drop Groove ->

2020年1月4日(土)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,600 / FB discount : ¥3,100 ADVANCED TICKET:¥2,750 https://jp.residentadvisor.net/events/1355655

■ROOM1
Marcus Henriksson aka Minilogue, Son Kite (Home Records / Cocoon)
Kuniyuki (Mule Musiq) -LIVE-
DJ Josko (radiOzora / LDG)
YUTA (LDG)
And more

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報