RAM RIDER、新レーベル「401」設立&第一弾として12月13日「東京論」をデジタルリリース

ツイート

国内外で活躍するアーティスト/DJ/プロデューサーRAM RIDERが、自由な作品やプロダクト・アイデアそのものを発表する場として、新レーベル“401(読み:よんまるいち)”を設立した。

そして、同日より第一弾配信として、『「東京生まれ、東京育ち」から観た東京』という切り口で、ミドルテンポで鮮やかに彩ったポップチューン「東京論」を配信リリースした。

この楽曲「東京論」は、プロデューサーとして数多くの楽曲を手掛けてきたRAM RIDER自身が歌う「ラジオボーイ」以来、約6年ぶりのボーカルトラック。TOKYO FMにて放送中の『高橋みなみの「これから、何する?」』のテーマ曲として3年半に渡り連日オンエアされている。


ミュージックビデオの監督は、若干16歳の高校生クリエイター・マルルーンによるもの。RAM RIDERがSNSで直接依頼し、監督としてミュージックビデオの制作を担当した。現代らしい出会いが産んだ素晴らしいミュージックビデオにも注目してほしい。ミュージックビデオの公開は12月下旬を予定しているが、今回レーベル立ち上げに合わせ、本編に先駆けてティザー動画を公開。ミュージックビデオ内の映像及び配信楽曲のジャケットはRAM RIDER本人による撮影だ。


また、「401」がレーベルのサポーターに提案するグッズは、オリジナルのウェアはもちろんのこと、最新のガジェットや小物に詳しいRAM RIDERらしく、自身が「日常で使いたいもの」「持ち歩きたいと思うもの」をテーマに制作し、販売を予定している。「401」では、楽曲のリリースやグッズの販売だけにとどまらず、RAM RIDERが想像する「こんな事があったら楽しいかも」を具現化する場所ということで、今後も様々な試みがスタートする予定。是非注目していて頂きたい。


また、12月28日(土)には銀座のPLUSTOKYOにてRAM RIDERによる本レーベルの立ち上げと忘年会を兼ねたイベント<401 Year-end Party>の開催が決定。RAM RIDERと親交の深いアーティストが出演予定。是非足を運んでみよう。

■RAM RIDER コメント

“401”は音楽を中心にアーティストのアウトプットを様々な形にしてお届けするレーベルです。レーベル名の由来はWeb上で「認証されていないエラー」を示す“401 Unauthorized”とプライベートスタジオのルームナンバー「#401」から。誰かの認証や確認を通さずに自由な作品やアイデアを発表し、ダイレクトに発信する場所を築きます。今のところ所属アーティストはレーベルヘッドでもあるRAM RIDERひとりですが、ソロ作品にとどまらず、様々なゲストとのコラボレーション作品なども発表していきます。 まずは久々の新曲となる「東京論」をよろしくおねがいします。


「東京論」

2019年12月13日(金)
DBR-401
1. 東京論
iTunes Store、レコチョクほか主要配信サイト、及び、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて配信開始。

<401 Year-end Party>

2019年12月28日(土)
開場14:00 開演20:00
※時間は予告なく変更になる可能性がございます
銀座PLUSTOKYO
前売2,500円/当日3,000円 ※共に入場時別途1D代
出演:RAM RIDER、nishi-ken、FILTER SYSTEM、TEMPURA KIDZ、EVERYDAYS、GAYSHA GALs and more…
チケット:iFLYER https://iflyer.tv/event/322044/

◆401 オフィシャルサイト
◆PLUSTOKYO オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報