KINO-MODERNO、1990年の伝説的アルバム『SYNC YOU』リリース30年を記念したリマスター盤リリース

ツイート

国産アシッドハウス最初期の1990年に作られた伝説的アルバム、KINO-MODERNO『SYNC YOU』が2020年2月12日に再発された。

昨今の欧米クラブミュージックシーンでは、黎明期のハウスやテクノ、エレクトロのレア音源の発掘、リイシュー、再評価が進んでいる。近年、日本のシーンにその対象が向けられつつあり、特に注目なのがそれがKINO-MODERNOの『SYNC YOU』だ。

入手困難なプレミア作品として現在のDJ達にも一目置かれる名作アルバムで、1990年に世界初のビデオアシッド作品『VIDEO DRUG2』のために制作されたオリジナル楽曲をリミックスしたオリジナル6曲入りCD1に、貴重なボーナストラックを7曲追加したCD2を加えたリリース30周年記念の2枚組スペシャル仕様となる。実際のところ日本のクラブミュージック的テクノシーンは、1993年にケンイシイやススム・ヨコタの出現によって一気に確立した感じがあるが、本作はそれ以前の1990年にリリースされたアルバムである。

1990年といえば、まだまだアシッドハウスやデトロイトテクノも日本ではまったく根付いていない未開拓の時代。そのような中、KINO-MODERNOはハードウェア機材でトリップ感あふれるこのように斬新なエレクトロニックミュージックを作り上げていたから驚きだ。今回リマスターに至った本作『SYNC YOU』は、映像作品として当時大きな話題を呼んだVIDEO DRUG2「PHUTURE」からの楽曲を再構築したものであり、世界的にも珍しかった3Dの音響システムを使った実験的な音像を作り上げている。今聴いてもそのダンサブルなアシッドハウスサウンド、また日本のエレクトロの先駆けとなるアプローチにはまったく古さを感じない。


本作をまとめ上げるにあたって、KINO-MODERNOのメンバーであるDAT PLANETの立会いの下、都内のスタジオにてリマスター作業を行い、さらにボーナス盤には貴重なアンリリースドトラックやリミックストラックを追加。サイエンレコードからリリースされたトーキョーオフショアプロジェクトのリリースで有名なフランキーバレンタインのリミックス曲も加えた。今聴いても2020年感覚のレトロフューチャーとして新鮮な強力なサウンド処理が施された驚異のアシッドハウス&テクノである。

『SYNC YOU(30th Anniversary Remastered Deluxe Edition)』

2020年2月12日(水)リリース
MMCD20036 2300円+税
購入:https://amzn.to/38cfU28

◆『SYNC YOU』 配信リンク
この記事をツイート

この記事の関連情報