【ライブレポート】Official髭男dismのメロディが“みんなのメロディ”に

ツイート

2019年10月にリリースされたアルバム『Traveler』をひっさげて、同10月から年をまたいでおこなわれたホールツアー<Official髭男dism one-man tour 19/20>。タイトルどおり、文字通りメンバーが“旅人”となって、全国各地にそのグッド・ミュージックを届けてきた長い旅。そのファイナル公演が、2020年2月11日にパシフィコ横浜 国立大ホールで開催された。(岡山振替公演、米子振替公は2月21日、2月22日に実施)

◆ライブ写真

幕が降りたままの会場に大音量で流れたのはMy Chemical Romanceの「Welcome To The Black Parade」。Official髭男dism(以下、ヒゲダン)を思わせるピアノのイントロから始まる名曲で早くも熱を帯び始めたところに、今度こそ本家・ヒゲダンのピアノの音が響き始める。同時にゆっくりと幕が開くとブラウン系で統一した衣装の4人が現れ、アルバムのオープニングでもある「イエスタデイ」でライブがスタートした。


まずは4人だけのグルーヴでじっくりと会場を満たしたあと、2曲目の「Amazing」からはホーン隊3人にパーカッション、キーボードというサポートメンバー5人が登場。ロングツア_ーを共に旅してきた9人編成の豪華なアンサンブルで、満場の観客を一気にヒゲダンの世界へ連れて行く。このツアー4度目のパシフィコ横浜公演ということもあり、場内の雰囲気は最初からアットホームな空気に満ちていた。藤原聡(Vo,Pf)も「近い席とか、遠い席とか、いろんなところに分かれてると思いますが、いつも通り誰ひとり置いていくことなく、全員にグッド・ミュージックを届られるように一生懸命やっていこうと思うので、最後までよろしくお願いします!」と宣言。ヒゲダンの音楽の前には、距離なんて関係ないのだ。むしろ、大勢で共有すればするほど、そのパワーが増していくようにも感じる。

「コホン!」と咳払いをして、藤原が丁寧に弾き語り始めた「115万キロのフィルム」から「バッドフォーミー」へと続き、珠玉のラブソングゾーンが幕を開けた。赤い照明に照らされたムーディな「Rowan」ではすれ違いを、会場全体が手を振って一体化した「最後の恋煩い」では明るく一途な想いを歌っていく。恋人同士に限らず、大切な人への想いを込めた優しいメロディを、繊細なファルセットから伸びやかなハイトーン、ハスキーな声など、多彩に使い分けて歌う藤原の深い表現力に息を呑んだ。


バラードの暗転中に、小さな子どもの声で「ヒゲダンがんばってー!」と健気な声援が飛んでいたことに対し、中盤のMCタイムで「ごめんね、スローテンポが続きまして」と笑いを誘っていた藤原。改めて子どもの歓声が多方面から飛び交うさまに、ヒゲダンのエンターテインメントが本当に幅広い世代に愛されていることを実感する。大人から子どもまで、音楽を通して繋がっていった目の前のオーディエンスを見つめながら「ちょっとずつ音楽仲間が増えてきて、今に至るわけです」と感慨深げな藤原。さらに「“麺カタこってり”なセットリストを用意しております! 最後までぶっとばして行きましょう横浜!」と煽って始まった後半戦は、まさに濃厚なヒゲダンの魅力が覚醒していた。

アルバムの中でもひときわエンターテインメント性の高い「旅は道連れ」では、楢﨑誠(B)がサックスに、小笹大輔(G)がパーカッションに持ち替えて演奏を始め、音源どおり4人全員で順番に歌い繋いでいく。メンバーがホーン隊とステージ上を練り歩きながらのパフォーマンスもあり、会場まるごとパーティのような盛り上がりだ。ふたたびギターを持った小笹のギターソロと楢崎楢﨑のサックスソロでハモってみたり、続く「ブラザーズ」では松浦匡希のドラムソロが挟まれたり、次々ステージで起こることから眼が離せない。メンバー全員が、それぞれの楽器が生み出す音を楽しんで奏で、今ここにしかない音楽が生まれていく。その一瞬一瞬を共有している多幸感に溢れていた。


ハードロックナンバーの「FIRE GROUND」ではまたムードが一転、藤原が拳を突き上げてマイクスタンドを担げば、小笹がお立ち台の上でギターソロをキメ、分厚いグルーヴが席巻するロックショーへ。メンバーの多様なルーツに裏付けられたさまざまな音楽的アプローチすべてが、ヒゲダンのポップとして放たれていくのがたまらない。

そして、「まだちょっとばかり足りないんじゃねえのー!?」と貪欲な藤原の言葉から届けられたのは、「ノーダウト」から「Stand BY You」「Pretender」と続く最強のシングル曲群。もはや国民的ポップスタンダードとなっている楽曲たちに合わせ、会場を揺らすほどの大合唱と手拍子が沸き起こる。オーディエンスの歌声と笑顔、呼吸や鼓動までが共鳴して生まれるグルーヴは圧巻だ。ヒゲダンの音楽が本当に完成するのは、この瞬間なのかもしれない。
本編ラストを飾った「ラストソング」の“まだ遊びたりないよ もっと歌いたいのにな”と歌う優しいメロディは、まさにメンバーも含めてこの全員の想いを写していたに違いない。“君と作り上げた思い出と/このハッピーを絶やさないように/僕は笑い声を立てる/「またね」を届ける”という歌詞のとおり、会場を包み込む「ラララ」の大合唱が、ヒゲダンとオーディエンスの「またね」の約束のように響き渡った。


アンコールでは、ライブの翌日にリリースされた新曲「I LOVE…」を披露。華やかなホーンと、エレクトロ要素を取り入れた奥行きのあるサウンドは広い会場にぴったりで、また新たなヒゲダンの表情が生まれていた。藤原がサイドステップを誘って盛り上げた「異端なスター」を挟んで、ラストに贈られたのは「宿命」。金テープが舞い降りる祝祭感のなか、満場のオーディエンスが一緒に歌い出す歌声と景色が壮観で、メンバーすら驚いていた様子だった。自分たちのメロディが届いて、「みんなのメロディ」になって響き出す。彼らはきっとこの景色を夢見ていたのだろう。感極まる表情を見せ、藤原はステージから身を乗り出し、客席にずっと手を差し伸べていた。

「日曜日のレブレター」が流れながらのフィナーレは、9人で手をつないでお辞儀をしたり、ラインダンスをしてみたりと、思い思いにハッピーな空気を満喫。最後に藤原は「もっといい曲作って、もっといいライブやって、そのサイクルを作って、一緒に歳を取っていけるバンドになりたいと思ってますので、末永くよろしくお願いいたします」と、真摯に告げた。音楽で人生に寄り添って、音楽で日々を彩るために。Official髭男dismの旅は、これからますます多くの人の想いを乗せて続いていくのだ。

文◎後藤寛子
写真◎橋本歩

Official髭男dism New Single「I LOVE...」

「I LOVE…」配信サイトリスト
https://HGDN.lnk.to/ILOVEPR

2020年2月12日(水)発売
CD/ PCCA.70549/¥700+税
紙ジャケ仕様

▼収録曲
M1.I LOVE...
M2.I LOVE...〜Instrumental〜

▲『Official髭男 dism one-man tour 2019@日本武道館』Blu-ray

LIVE DVD & Blu-ray&LIVE CD「Official髭男 dism one-man tour 2019@日本武道館」

発売日:2020年2月12日(水)
商品形態/品番/金額:
DVD(2枚組)/PCBP.53284/¥6,000+税
Blu-ray(1枚組)/ PCXP.50739/¥6,000+税
CD(2枚組)/ LIVE CD PCCA.04896/¥2,800+税

DVD(Disc1) &Blu-ray収録曲:
01. 115万キロのフィルム
02. 異端なスター
03. Tell Me Baby
04. 犬かキャットで死ぬまで喧嘩しよう!
05. 始まりの朝
06. ブラザーズ
07. コーヒーとシロップ
08. バッドフォーミー
09. LADY
10. 55
11. Rolling
12. 明け方のゲッタウェイ
13. FIRE GROUND
14. Pretender
15. ノーダウト
16. 宿命
17. Amazing
18. Stand By You

DVD(Disc2)&Blu-ray特典映像:
Behind The Scene from Official髭男 dism one-man tour2019

※豪華スリーブ・デジパック仕様
※全60Pライブ写真集付属

CD収録曲:
115万キロのフィルム
02. 異端なスター
03. Tell Me Baby
04. 犬かキャットで死ぬまで喧嘩しよう!
05. 始まりの朝
06. ブラザーズ
07. コーヒーとシロップ
08. バッドフォーミー
09. LADY
10. 55
11. Rolling
12. FIRE GROUND
13. Pretender
14. ノーダウト
15. 宿命
16. Amazing
17. Stand By You
※豪華スリーブ仕様
※全28P歌詞カード

※CDには「明け方のゲッタウェイ」は収録されません。

Official髭男dism『one-man tour 2019@2019.07.08 日本武道館(Live Video)』

iTunes・Apple Music 配信楽曲
1. 115万キロのフィルム Live at 日本武道館 2019.07.08
2. Pretender Live at 日本武道館 2019.07.08
3. ノーダウト Live at 日本武道館 2019.07.08
4. 宿命 Live at 日本武道館 2019.07.08
5. Stand By You Live Live at 日本武道館 2019.07.08
まとめリンク:https://HGDN.lnk.to/budokan_lvPR
Apple Music: https://music.apple.com/jp/album/one-man-tour-2019-2019-07-08日本武道館-live-video/1496315830?ls=1&app=music
Apple Music Official髭男dism アーティストページ: https://music.apple.com/jp/artist/960568308?ls=1&app=music

<Official髭男dism Tour 2020 – Arena Travelers –>

特設サイト:https://higedan.com/travelertour/
2020年 ※は追加公演
3月14日(土)[北海道]北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月15日(日)[北海道]北海道立総合体育センター 北海きたえーる
3月21日(土)[大阪]大阪城ホール
※3月23日(月)[大阪]大阪城ホール
※3月24日(火)[大阪]大阪城ホール
3月30日(月)[福岡]福岡国際センター
3月31日(火)[福岡]福岡国際センター
4月04日(土)[愛知]ポートメッセなごや3号館
4月05日(日)[愛知]ポートメッセなごや3号館
4月28日(火)[徳島]アスティとくしま
4月29日(水)[徳島]アスティとくしま
5月05日(火)[新潟]朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
※5月06日(水祝)[新潟]朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5月18日(月)[神奈川]横浜アリーナ
5月19日(火)[神奈川]横浜アリーナ
5月26日(火)[東京] 東京ガーデンシアター(仮称)有明ホール
5月27日(水)[東京] 東京ガーデンシアター(仮称)有明ホール
6月13日(土)[広島]広島グリーンアリーナ
6月14日(日)[広島]広島グリーンアリーナ
6月27日(土)[宮城]宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
6月28日(日)[宮城]宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
※7月05日(日)[沖縄]沖縄市民会館

指定席:¥8,200-(税別)
指定親子席: 大人¥8,200-(税別)・こども¥4,100-(税別)

この記事をツイート

この記事の関連情報