YOSHIKI&山中伸弥教授、新型コロナウイルス「最初の一撃が通り過ぎるのを待つ時期」

ツイート

3月11日、ニコニコチャンネル『YOSHIKI CHANNEL』にてYOSHIKIと山中伸弥教授(京都大学iPS細胞研究所所長:iPS細胞研究でノーベル生理学・医学賞を受賞)の緊急対談が生放送され、新型コロナウイルスは100年の一度の脅威となる可能性があり、経済的な窮地に立たされる仲間たちの為にも政府のサポートが必要との見解を示した。

今回の対談はLAN在住のYOSHIKIと日本在住の山中教授を映像で結ぶものだったが、新型コロナウイルスに関し国民の不安や疑問点など、様々な質問がYOSHIKIから山中教授に投げかけられた。YOSHIKIからは「LAもコロナのニュースで一色になっていて、日本と同様にトイレットペーパーやマスクが手に入らない。NYでは封鎖も始まっている。アメリカでも半パニックになっている」とアメリカの様子が伝えられ、ビル・ゲイツの新型コロナウイルスに対する声明にあった“100年に1度の可能性”という言葉を引用しつつ「実際、人類にとってどれほどの脅威になり得るのか?」との質問がなされ、対して山中教授は「自分は専門家ではないが…」と前置きしたうえで、100年ほど前に数十万人もの死者を出したスペイン風邪を引き合いに出し、「仰る通り、可能性としては同じくらいの危険性がある。ただし、100年前と比べて今は医学や情報伝達の手段が進歩している為、みんなが正しく行動し、世界が協力し合えば被害は当時の数十分の一に抑えられる」と答えた。


あわせて、「今は私たちがウイルスに試されている状況。これは個人ではなく、社会の問題。社会全体の脅威になる。みんなで我慢し最初の一撃が通り過ぎるのを待つ時期だと思っている」と続けた。

YOSHIKIは「経済的な損失と自粛のラインが難しい」と前置きした上で、経済的な問題について「Don't be penny wise and pound foolish(一文惜しみの百失い)」という英語のことわざを用いて「将来的な大きなものを失わないでほしい、自粛により感染の速度を遅らせて、1日も早く解決策を見つけることが、将来的にも経済的にも回復を早めるのでは。ただし、自粛中の経済的なサポートは必要だとおもう」と心配ながらに持論を展開した。

山中教授も「大切なのは早く対策をすること。人類が初めて経験するものだからエビデンスが無くて当然。今は大袈裟なくらいの対策をして、エビデンスが集積してから少しずつ緩めていけばいい。ライブ活動やジムのインストラクターなどで生計を立てている方々の経済的問題があるが、その保障や支援策も1日も早く進めるべき」と同意を示した。

さらに、山中教授は「人が集まる場所、換気が悪い場所、声を発したり息遣いが荒くなる場所が危険、と国から発表されたが、厳密なガイドラインは無く、極力集まることを抑えるしかない。リーダーたちはエビデンスも無い中で苦しい決断を迫られている。批判も出てくるが、今は我慢をするべきだ」と付け加えた。


対談の終盤では、「今の時点で1人1人ができること」として、山中教授から「自分のことよりも今は他の人にうつさない、社会を脅威にさらさないことが重要。若い人は重篤症状になる可能性が低い分、周りの人にうつさないよう意識して行動してほしい。政府も我慢している人たちに対して、ちゃんと生活面や収入の保障をしてあげてほしい」と今後の課題が語られ、 YOSHIKIと同意見を示した。

YOSHIKIは、“今コンサートをすることは危険だ”という自身のTwitterの発言が世間で大きく取り沙汰された件についても言及し、「自分もコンサートを開催する側の同業者であるので、尊敬するアーティストや偉大な表現者の方々にこういった発言をするのはつらい。自分で自分の首を絞めるとわかっていたけど、それでも何もしないのは良心が許さず、マネージメントからの抑制があったが発信することにした」と率直な思いを吐露した。

ファンや仲間たちを心配する様子を見せながらも、YOSHIKIは「窮地に立たされる仲間たちの為にも政府の経済的サポートが必要」と主張し、自分の意思が正しいか正しくないかということより、少しでも多くの人を救いたいという思いをにじませた。

◆『YOSHIKI CHANNEL』(今回の放送は3月18日まで無料で視聴可能)
この記事をツイート

この記事の関連情報