ステージで圧倒的な存在感を放つチタン・カラーの「KRONOS Titanium」が数量限定で登場

ツイート

コルグのミュージック・ワークステーション「KRONOS」に、素材の質感が際立つチタン・カラー・モデルが新登場。「KRONOS Titanium」が数量限定で3月下旬に発売される。

限定モデルにふさわしく、KRONOSでは初めてとなる明るい色合いのメイプル材を側板に採用。さらにルックスだけでなく、サウンドも通常モデルにプラス。ドイツ製や日本製とは一線を画す明瞭なサウンドが高い評価を得ているイタリア製グランド・ピアノを追加搭載した。


KRONOSならではのクリアで美しいピアノと、遠くからでも違いがわかる新意匠のカラーにより、ステージ上でも抜群の存在感を誇る限定モデル。ブラックカラーのKRONOS通常モデルは88鍵、73鍵、61鍵の3種がラインナップされるが、「KRONOS Titanium」は61鍵のみのラインナップとなる。

本体/側板カラー、イタリアン・ピアノ音色を除くすべての仕様は通常モデルと同様。スタンダードなジャーマン・グランド、明るいジャパニーズ・グランド、重厚感のあるベルリン・グランドを含むピアノ専用音源SGX-2、アーティストが手がけたプログラムやスタンダードな名曲サウンドを多数搭載。ライブで威力を発揮するセット・リスト・モードやMIDIデータ生成技術KARMA機能、タッチ・ビュー搭載の大型カラー液晶、ドラム・トラックやサンプリング機能、16トラックのMIDIシーケンサー、オーディオ・レコーダーなど多彩な機能を備える。

製品情報

◆KRONOS Titanium 61
価格:オープン(市場想定価格 275,000円 税別)
発売日:2020年3月下旬発売予定
この記事をツイート

この記事の関連情報