ニガミ17才、リニューアルの「69号室の住人」オープニングSEを担当

ツイート


2019年7月15日よりスタートしたTOKYO MXの音楽番組「69号室の住人」が、本日4月1日より水曜19時58分に放送時間を移しリニューアルスタートする。

◆関連画像

MCは、引き続き遠山大輔(グランジ)が担当。毎週アーティストをゲストに迎え、制作の舞台裏や人物像にじっくりと迫る内容が好評を博しているようだ。

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

また、番組のリニューアルにあたりオープニング映像も一新。楽曲を、放送第8回のゲストとして出演もしたニガミ17才が手掛けている。なお、リニューアル1週目、2週目のゲストはASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文。第1回放送にもゲスト出演しており、今回が2度目の出演となる。新曲制作の裏側や、アナログレコード制作の裏側、レコーディングやミキシングのこだわりなど様々なテーマを深掘りして聞いていくようだ

2019年の番組スタートに際し遠山は、「少なくとも、もう一度ゴッチ(後藤正文)さんをゲストにお招きするまでは番組を続けていけるように、MCとしてしっかりがんばっていきたいと思います!」と意気込みを語っていたため、当時の目標が叶った。

■【番組情報】

番組タイトル:69号室の住人
放送局:TOKYO MX
放送時間:毎週水曜19時58分
MC:遠山大輔(グランジ)
番組HP:https://s.mxtv.jp/music/69_room/?id=10855_39
番組Twitter:https://twitter.com/Room_No69_
この記事をツイート

この記事の関連情報