Superfly、外出制限下で生まれた新曲「Together」映像公開

ツイート

Superflyの新曲「Together」が聴ける映像が公式YouTubeチャンネルで公開された。

◆「Together」映像

外出を制限された状況の中で様々な想いから制作された楽曲だという「Together」について、越智志帆は「人と人とが引き離されるという世の中の状況に、なんでこんなことが起きるんだろう、と何度も考えました。そんな中、自然とメロディが生まれ、そのメロディから“一緒にいたい”という言葉が聞こえてきました。それを形にしたいと思い、“Together”という楽曲を制作しました」と述べている。Instagramでの弾き語り動画の公開に続き、本日5月8日(金)に放送されたテレビ朝日系『ミュージックステーション』で全編が初披露された。


八橋義幸(G)、須藤優(B)、山本健太(Key)とのレコーディングはリモートで行なわれ、映像もそれぞれの自宅で撮影された。越智志帆は“自分が今まで大事にしてきたもの”を自宅の一角に集め、その想いの詰まった空間で撮影に臨んだそうだ。

彼女は「いつか、皆さんとお会いできる日まで、少しでも成長できているように、想像力を持って自宅で過ごしたいと思います。今、私たちにできることは、自分たちの代わりにできることをしてくれている方々へ、心から“ありがとう”という気持ちを伝える事かと思っています」と語っている。

この記事をツイート

この記事の関連情報