ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ、一般ユーザーとコラボ「ファン・リミックス・プロジェクト」実施

ツイート


今年1月に開催された第62回グラミー賞にて、“最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム”部門で初めてグラミー賞を受賞した男女ギター・デュオ、ロドリーゴ・イ・ガブリエーラが、一般ユーザーとコラボレーションできる「ファン・リミックス・プロジェクト」を実施している。

グラミー賞を獲得した最新アルバム『メタヴォリューション』収録曲「エレクトリック・ソウル」のステムデータ(実際の録音に使用した13トラックを個別にDLできる音源データ)を、自身の公式ホームページにて一般公開しており、このステムデータを使用したリミックス音源を一般ユーザーから公募。作成した音源を、参加者自身のSoundCloudページまたはYouTubeチャンネルにアップロードすることで、プロジェクト参加となる。ロドリーゴ・イ・ガブリエーラのオリジナル音源を使用して、自分のクリエイティビティを自由に発揮できるという機会だ。

また、応募された音源はメンバーがチェックし、もしかしたら世界に広まる可能性もあるという。なお、応募期間は日本時間2020年7月18日(土)午前8時までの予定だ。

参加方法の詳細は、下記よりご確認いただきたい。

■【参加方法詳細】
ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ「ファン・リミックス・プロジェクト」参加ページ
https://www.sonymusic.co.jp/artist/rodrigoygabriela/info/518868

この記事をツイート

この記事の関連情報