【コラム】私、歌うわ! 〜BARKS編集部の「おうち時間」Vol.052

ツイート

ステイホームの動きと共に広がった“おうちで歌おう”ムーブメントも、今や家で楽しむ娯楽の一つとしてすっかり定着した感がある。BARKSでもお伝えしている「おうちカラオケ」シリーズやアーティスト発の公式カラオケ動画に続いて、先週末にはCD発売前のあいみょんの新曲「裸の心」のカラオケ音源が配信リリースされた。

▲うぶなあの娘が消えてゆくシーンが切ない

▲お家で歌える朝ドラ主題歌

▲お家で叫べる「俺!俺!」

伴奏があろうがなかろうが普段から自宅でひとり好き勝手に歌ってる勢としては、“密集、密室、密接NG”、“大声NG”などと言われたところで然程不便も感じていなかったのだが、ある週末の昼下がり、いつものように気分良く歌っていたら隣室や階下から次々と歌声が聞こえてきたのには驚いた。壁が薄い物件とはいえ伝播力強すぎだろう。『サウンド・オブ・ミュージック』かよ……と思いつつ、人々の秘められた歌唱欲を目の当たりにし思わず身震いした次第である。

気づいてみれば、日課として収集しているお気に入り動画にも自宅で歌うアーティストの姿や“いっしょに歌おう”系コンテンツが増えてきた。今回はその一部をご紹介する。

   ◆   ◆   ◆

■聴き惚れちゃって一緒に歌えないシリーズ

▲ご本人の伴奏でジョン・レジェンドとデュエット

▲今こそ世界のみんなで聴きたい「Hope」アコースティック版

▲アカペラで披露される「How Do You Sleep?」の圧倒的な威力よ

▲フィル・コリンズのカバーが超泣けるディズニー名曲ライブ

▲ロケーションもすてきな仲良しデュエット

▲息を止めて見入ってしまう「Meine Rose」

▲ワンちゃんもうっとりする名カバー

   ◆   ◆   ◆

■ひたすらかわいいシリーズ

▲エルモの番組に呼ばれて歯みがきソングを披露するジョナスさんたち

▲わらべうたと見せかけて不意打ちでものすごいブギウギ調

▲プリキュアの高度なダンススキルが堪能できる

▲楽しそうに歌うアオキ氏も曲間のコメントもひたすら熱い

   ◆   ◆   ◆

緊急事態宣言が解除されたからといってまだまだ油断はできない。休みの日はお家でいっぱい歌って、みんなで伝説の歌姫を目指そう。ご近所の迷惑にならない程度に。

▲伝説はここから始まった。板野サーカスに震え、エンディング曲に涙せよ

文◎minoue(BARKS)

◆「お家時間」のすゝめ まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報