ロックの殿堂、2020年度は式典の代わりに特別番組を放送

ツイート

ロックの殿堂(Rock & Roll Hall Of Fame)は水曜日(7月8日)、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、今年は式典に代わり、殿堂入りするアーティストを称える特別番組を米HBOネットワークから放送すると発表した。

◆ロックの殿堂 関連画像

ロックの殿堂入りの式典は本来5月2日に開かれる予定だったが、パンデミックが発生したことにより3月、11月7日に延期すると告知されていた。しかし収束の見込みは立たず、主催者は「殿堂入りする人たち、彼らの家族、クルー、観客の健康と安全を守るため、計画していたライブ・イベントは不可能との決断を下した」という。

2020年はデペッシュ・モード、ドゥービー・ブラザーズ、ホイットニー・ヒューストン、ナイン・インチ・ネイルズ、ノトーリアス・B.I.G.、T・レックスが殿堂入りし、マネージャーのJon LandauとIrving Azoffが非演奏者部門のアーメット・アーティガン・アワードを受賞する。

特別番組は11月7日HBOとHBO Maxから放送され、受賞のスピーチ、殿堂入りするミュージシャンおよび彼らに影響を受けたアーティストのインタビューなどがフィーチャーされるという。



またクリーブランドにあるロックの殿堂博物館で8月14日から今年殿堂入りする人たちの特別展が開かれる。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報