【インタビュー】10-FEET、KOUICHIが語るバンドとライブのリアル「何事にも元気ってのはすげー大事」

ツイート

10-FEETが自粛期間中、<#おうちモッシュ#おうちダイブ#おうちシンガロング>と題した無料配信シリーズをオフィシャルYouTubeチャンネルに期間限定公開した。これは新型コロナウイルス感染拡大が続く中で“おうち時間”を楽しんでもらいたい”との想いから実施されたものだ。約14年間計13時間以上のライブ映像を約2ヵ月間にわたり一時的に開放。併行してメンバー個々は、自身のSNSアカウントやYouTubeチャンネルから演奏やトークなどの発信を現在も続けている。

◆10-FEET 画像 / 動画

ライブ映像作品『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS!』シリーズ6作品の初Blu-ray化に加え、全7枚のBlu-ray Discと豪華ブックレット封入の特殊パッケージ『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! I~VI -Complete Edition-』が8月26日にリリースされることが発表となった。前述の無料配信の反響に応える形で行われるものであり、これら映像作品が伝えてくれるのは、ライブバンド10-FEETの歩みでありリアルだ。

BARKSは、本来であれば10-FEET主催イベント<京都大作戦2020〜それぞれの一番 目指しな祭〜>開幕日であった7月4日の前日、KOUICHI単独取材を行った。コロナ禍の現在の実情をはじめ、映像作品シリーズが物語るステージの本質と進化、そしてライブへの渇望感が語られたロングインタビューは、KOUICHIの自宅とオンラインでつないだリラックスムードゆえ、ジョークも本音も垣間見られる振り幅の広い貴重なものとなった。なお、このKOUICHI単独インタビューを皮切りに、BARKSでは本日より3日間、10-FEETパーソナルインタビューを連続公開していく予定だ。お楽しみに。

   ◆   ◆   ◆

■僕にはTAKUMAとNAOKIが
■必要なんやなと思いました

──Zoomを通してですが、お話するのは久しぶりです。今年2月の<MONSTER ROCK 2020>名古屋公演でお会いして、それっきりなんですよね。

KOUICHI:そうですよね、約4ヵ月ぶり。お久しぶりです(笑)。

──新型コロナウイルスの感染拡大により、全てのライブ活動は休止せざるを得ない状況になっていました。この4ヵ月間、どんなふうに日々を過ごしていましたか?

KOUICHI:本格的な音楽活動は、この3〜4ヵ月ぐらいはできなかったですね。スタジオにも入れない状況がずっと続いて、基本、家にいました。いろんなバンドマンとZoomとかでいっぱい話をしたり。家にアコギがあるんですけど、自粛期間中にずっと弾いていたら、ギターのコードをめちゃくちゃ覚えてしまって(笑)。作曲とかはまだできないですけど、ギター弾くのはだいぶ上達したと思います。

▲10-FEET

──それはひょっとして、今後はさすらいの弾き語りでも披露しようと!?

KOUICHI:いや、そういうつもりでやってたわけじゃないですけど(笑)。時間がいっぱいあるから、暇があればギターを触ってたら、結果的に自分のネタの引き出しにはなってるなと思いつつ。今後たぶん使える場面も出てくるかなと。

──アコギ弾くことを“ネタ”と呼んじゃうあたり、完全に芸人さんですよ(笑)。

KOUICHI:いや、一応ドラマーなんで(笑)。家には電子ドラムもあるんですけど、やっぱり生ドラムとは叩いた感触から音量まで違うんでね。

──ちなみに初めてアコギでマスターした曲というのは?

KOUICHI:ギターの弾き語りコード譜が載ってるサイトがあるんですけど、そこで曲を検索して、譜面を見ながらちょっと。カポも使って弾いてますよ。まあ、サザンとか郷ひろみさんとか。小さい頃に聴いていた音楽ばっかりですけどね(笑)。

──おかしいな、藤井フミヤさんの曲名が出てこない…。

KOUICHI:フミヤさんの曲は練習というか、一応、十八番なんで。衰えないように練習はしてます(笑)。

──さすがフミヤさん本人から公認されてるだけのKOUICHI先生ですよ。

KOUICHI:そうですよ、フミヤさんから公認されている唯一のバンドマンなんで。責任持って歌わなあかんなと思ってます。

──ところで自粛期間中、メンバーとはどんな話をしていました?

KOUICHI:レギュラーのラジオ収録を京都でやっているんですけど、それも今はZoomでね。だから実際にはこの2〜3ヵ月会ってなくて。この前、マスクをつけて、みんなで久しぶりにスタジオで音を出したんです。バンドをやり始めて、こんなに会わへん期間はなかったなと思って、すげー変な感じでしたけどね。メンバーと音を出すのが照れくさいみたいな(笑)、変な感覚でリハをやりましたけど。

──久しぶりに音を出すことで、ご自身の10-FEETに対する思い、普段は言葉にしないだろうけど、2人に対する気持ちとかもスパークしたと思うんです。

KOUICHI:スタジオに入って曲を作り、ライブするっていうのが、これまでの当たり前の生活やったけど、それが急になくなって。ほんま、なにをしたらいいか分からんというか。やっぱり僕にはTAKUMAとNAOKIが必要なんやな、と思いました(笑)。

──照れ笑いしながらも、すごく気持ちがこもった一言です。

KOUICHI:はっはっは(笑)。でも、そういうことなんかなと。自粛期間中はいっぱい考えましたね。

──KOUICHIが10-FEETに加わったのは、一番最後というか、保育士になるつもりで勉強していた時期、2人からメンバーに誘われたんでしたよね。

KOUICHI:そうですね、はい、誘われて。それから20年以上になりますね。

▲<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->@京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ

──自粛期間中、10-FEETはYouTubeでライブ映像『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS!』シリーズを、それぞれ期間限定で公開していました。その“I~VI”をBlu-ray化してコンプリートした映像作品『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! I〜VI -Complete Edition-』と、それぞれをBlu-ray化した作品が、8月26日に正式発売されることになりました。自粛期間にはKOUICHI先生も観たでしょう。

KOUICHI:ええ、観ましたよ。

──ファンもご存じのように、KOUICHI先生にはご家族もいて、お子さんにとっては自分が生まれる前のお父さんの映像だったりするわけですが、映像を観たご家族の反応は?

KOUICHI:とりあえず、「若いね」っていう。子供らからしたら「顔ちゃうな」っていうのは、一番最初に言ってました。あと「なんか元気やな」って言うてました(笑)。僕も、個人的にそう感じましたけど(笑)。今も元気ですけど、若いとき特有の元気ってあるじゃないですか。それが昔の映像には出てるなって。

◆インタビュー【2】へ
この記事をツイート

この記事の関連情報