亜無亜危異、観覧+生配信で<検証GIG>開催

ツイート

亜無亜危異が8月15日に愛知、8月30日に大阪でライブイベント<検証GIG「ソーシャル・デリバリー」>を開催する。

本イベントは1日に2公演を予定しており、各公演でセットリストの異なるステージとなるという。会場は愛知・RAD HALL、大阪・梅田Shangri-laで、入場者数制限・着席観覧など各ライブハウスのガイドラインに沿った形で実施され、全公演の有料生配信も決定している。

公演中には他アーティストのカバーも演奏予定。亜無亜危異のオフィシャルサイトでは、7月28日までリクエストを受け付けている。

なおニューアルバム『パンク修理』のリリースツアー(6〜8月開催分)は、新型コロナウイルス感染症の影響により2021年に延期となった。

<検証GIG「ソーシャル・デリバリー」>

2020年
8月15日(土)愛知・RAD HALL
1st Stage OPEN16:00 / START16:30
2nd Stage OPEN18:30 / START19:00
アーカイブ配信:8月22日(土)23:59まで

8月30日(日)大阪・梅田Shangri-la
1st Stage OPEN16:00 / START16:30
2nd Stage OPEN18:30 / START19:00
アーカイブ配信:9月6日(日)23:59 まで

[チケット]
■ライブチケット
前売:¥3,000(自由席・税込み・ドリンク代別途・入替制)
発売:2020年7月18日(土)

■配信チケット
前売り:¥1,500(税込み)
発売:2020年7月18日(土)

[注意事項]
※未就学児の入場はできません。
※当日はマスクの着用をお願い致します。着用されていない方は入場をお断り致します。
※2週間以内に体調不良があった方は自主的にご辞退お願いします。
※入場時にお名前とご連絡先をご記入いただきます。(感染者発生時に保健所・その他関連機関に情報を提供する場合がございます。公演後1ヶ月保管させて頂きます。それ以外の目的には一切使用致しません。保管期間終了後は破棄致します。)
※入場時に検温のご協力をお願い致します。
※検温時に37.5度以上の方はご入場をお断りする場合がございます。
※ソーシャルディスタンスの観点により、座席(全席自由)とさせていただきます。座席は移動などされない様、ご協力をお願い致します。
※会場内でのお客様同士の会話を極力お控え下さい。

この記事をツイート

この記事の関連情報