ホセ“チェピート”アリアス、初期サンタナを支えた名パーカッショニスト唯一のソロ・アルバム世界初CD化

ツイート

もっとも野性的なラテン・ロックを奏でていた初期サンタナを支えた名パーカッショニスト、ホセ“チェピート”アリアスの現時点で唯一となる1974年のソロ・アルバム『チェピート』(原題:Jose “Chepito” Areas)が9月23日(水)に世界初CD化で復刻されることが決定した。本作はこれまでアナログ盤でも再発されたことがなく、実に46年ぶりのリイシューとなる。

◆ホセ“チェピート”アリアス 関連画像

ニール・ショーン(G)、ダグ・ローチ(B)、リチャード・カーモード(Key)、トム・コスター(Key)といった同じく初期サンタナ・メンバーや、スライ&ザ・ファミリー・ストーンとウェザー・リポートで活躍したグレッグ・エリコ(Dr)、そして“チェピート・ファミリー”と言えるウェスト・コーストのトップ・ラテン・ミュージシャンら総勢23名が大集結した本作は、往年のサンタナ・ファンはもとより、ラテン〜ワールド・ミュージック・ファンの間では“知る人ぞ知る名盤”として認知されているが、なぜか過去一度も再発されないまま46年もの間埋もれてしまっていた不遇の作品でもある(現在ストリーミング配信のみ存在)。

中南米ニカラグア出身のチェピートがサンタナを一時期離れて思う存分やりたいことを出し切っている本作は、キューバン・リズムを核とした灼熱のラテン・グルーヴ炸裂チューンのオンパレードで、後に“ダンス・ミュージック界のキース・リチャーズ”(ローリング・ストーン誌)こと、DJ Harveyが好んでプレイしフロアを熱くした「ファンキー・フォルサム」や「リメンバー・ミー」なども収録。まさに“待望”という言葉がぴったりのリイシューだ。

『チェピート』

2020年9月23日(水)発売
SICP 31380  ¥2,100+税
高品質Blu-spec CD2 紙ジャケット仕様
特別寄稿:角松敏生/オリジナル・ライナーノーツ:中村とうよう/新規ライナーノーツ:Willie Nagasaki 
完全生産限定盤/日本独自企画

■収録曲
1.Guarafeo / グアラフェオ
2.Funky Folsom / ファンキー・フォルサム
3.Remember Me / リメンバー・ミー<思い出しとくれ>
4.Bambeyoko / バンベヨコ
5.Morning Star / モーニング・スター
6.Buscando La Gente / ブスカンド・ラ・ヘンテ<仲間を探して>
7.Cerro Negro / セロ・ネグロ
8.Terremoto / テレモト<地震>
9.Guaguanko In Japan / グアグアンコー・イン・ジャパン

◆ソニー・ミュージック オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報