カニエ・ウェスト、テイラー・スウィフトのスピーチを邪魔したのは神の思し召し

ツイート

2009年に開催された<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>で最優秀女性ビデオを受賞したテイラー・スウィフトのスピーチを邪魔したカニエ・ウェストが、いま思うにそれは神の思し召しだったとの持論を展開した。

カニエは、今週YouTubeで公開されたニック・キャノンの『Cannon’s Class』最新エピソードで、「いま、神は俺に情報を与えてくださっている……。もし神が、ステージに乱入し最優秀ビデオはビヨンセだって俺に言って欲しくなければ、彼は俺を最前列に座らせなかっただろう。俺は後ろの方に座っていたはずだ」と話した。

カニエは現在、“サンデー・サービス(日曜礼拝)”を開くなど神に傾倒しているが、そのきっかけの1つは、この悪名高きハプニングがあってから数年後の2016年、極度の疲労と睡眠障害により入院したときだったという。「神は何度か俺をひざまずかせた。最初は2016年に入院したときだ。そのとき聖書を読み始めた。神に感銘を受けた出来事の1つだ。わかるだろ、神は俺ら全員のもとを訪れ、それぞれの役割を与えている」

彼は、神と繋がることを「クールじゃない」とは思って欲しくないそうだ。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報